【彼女:福島由紀?】桃田賢斗の不祥事⇒カジノ&キス写真!スナックママの顔は?

不倫や二股などの異性スキャンダル

こんにちは。IVEです!

今回は桃田賢斗選手を取り上げます。

バドミントン選手として活躍する桃田選手は”スマッシュ王子”として女性を中心に大きな人気を集めていました。

しかし、私生活では数々の不祥事が目立ち、それ以降、人気は急落。

そして、ここに来て再び女性スキャンダルが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年10月11日に配信された「読売新聞」は次のように報じています。

バドミントン女子の福島由紀(岐阜トリッキーパンダース)が5月の味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)での代表合宿中、
ドーピングの抜き打ち検査時に自室にいなかったとして、
日本協会から注意を受けていたことが10日分かった。

男子の桃田賢斗(NTT東日本)の部屋にいたことから、
桃田も注意を受けた。

日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の規定では、
検査などの対象となる選手は居場所情報の提出が義務づけられ、
12か月間に3度の義務違反をした場合、
ドーピング違反となる。

福島は同じ所属の広田彩花とのペアで女子ダブルス世界ランキング1位。

同紙が報じている通り、ドーピングの抜き打ち検査時に福島選手は桃田選手の部屋にいたのです。

これがきっかけとなり、一部では「彼氏・彼女なのでは?」という疑惑が浮上していますが、現在の時点では交際の詳細は不明です。

今回は、女性スキャンダルが再び浮上した桃田賢斗選手について調べてみました!

桃田賢斗が不祥事続き!過去には違法カジノ店に出入り

”スマッシュ王子”としてメディアにもてはやされていた桃田選手ですが、それも既に過去の称号です。

現在では女性関係を始めとするスキャンダルが次々に発覚したことで、「女性にだらしない」というイメージが定着しています。

そんな”スキャンダル王子”の彼が初めて不祥事を報じられたのは2016年の時。

同年4月、「週刊現代」に掲載された記事において彼の”違法カジノ店”への出入りがスクープされたのです。

カジノ店への出入りについて同誌は次のように報じています。

週刊現代は3月下旬に「桃田と田児の闇カジノ通い」の情報をキャッチし、
独自に取材を進めてきた。

「P」の店長だったA氏は本誌にこう証言している。

「2014年12月頃、
田児はウチの店に一緒に飲んでいた友人を連れてやってきました。

その1週間後くらいに田児が桃田を連れてきた。

ほかにも田児は後輩らしきジャージ姿のバトミントン選手を何人か連れてきました。

田児は病的なギャンブル依存症でした。

1日に3回も来店するんです。

飲み会の前に軽く寄って、
飲み会帰りにまたやってくる。

明け方まで打って帰ったと思ったら、
また3時間くらいして戻ってくることもありました。

最終的には田児は1000万円以上、
桃田も数百万円は負けたと思います

(2016年4月10日配信)

上記の通り、桃田選手は数百万単位のお金をカジノで使っていたのです。

しかし、さらに驚くべきことに、彼らは暴〇団との繋がりが指摘されていました。

冒頭で登場した暴力団関係者はこう語る。

「店の『ケツ持ち』は住吉会系の暴〇団組長でしたが、
組長は毎日のように店に顔を出し、
プレイしていました。

田児は組長の隣で、
声を掛け合いながら何度もプレイしています。

桃田も田児も間違いなく、
組長の名前を知っていました。

店のオーナーは別にいるのですが、
二人は組長がオーナーだったと勘違いして、

『Pは○○さん(組長の名前)の店でしょ』

と周囲に話しているんです。

桃田は組長が面倒を見ている錦糸町の飲食店の常連客でもありました。

組長の素性を知らないなんて考えられません」

違法カジノ店への出入りだけではなく、反社会勢力とも接点があったとすれば、”スマッシュ王子”の信用も地に落ちることは当然でしょう。

桃田賢斗の彼女はスナックママ?顔写真は?

世間を震撼させた”違法カジノ店”への出入り報道でしたが、それに続いて更に衝撃的な事実が明るみに出ます。

それが、スナックママとのキス写真でした。

問題の写真がこちらです。

この女性は墨田区にあるカラオケスナックのママ(20代)で、彼女の方から桃田選手にアプローチをかけたようです。

桃田の知人によれば、

「これらの写真は一昨年(2014年)の年末頃、
墨田区内のカラオケスナックで撮影されたものだと思います。

女性は20代のスナックママで、
桃田は足繁くこの店に通ってはベロベロになるまで飲み明かしていました」

※「週刊新潮」より引用
(2016年4月21日号掲載)

キス写真に加え、熱い抱擁を交わす写真もスクープされています。

この女性については一般人であるため、名前や顔写真は特定されていません。

しかし、一部では「ハニートラップ」「美人局」疑惑が浮上しているのです。

というのも、この写真がきっかけとなり、先ほどの違法カジノ店への出入りが発覚したからです。

実は、桃田選手はこの写真を巡り、見知らぬ男性から電話がかかってきていたのです。

桃田を驚かせた電話の主は、一体誰だったのか。

件の写真の出所について取材を進めると、
ある映像ディレクターに行き当たった。

闇人脈にも通じるこの人物に、
入手した写真を示したところ、

「確かに、私が目にした写真と同じですが……」

この写真を使って桃田を脅迫したのかと質すと、

「とんでもない!

恐喝や脅迫なんて考えたこともありませんよ。

そもそもの発端は、
昨年(2015年)末に

“田児選手が錦糸町の闇カジノで遊んでいた”

という情報を知人のフリーライターが掴んできたことです。

私は取材に協力するつもりで事情に明るそうな関係者を当たってみました。

すると、
田児選手と一緒に桃田選手がカジノに出入りしていたことに加え、
界隈の飲食店で乱痴気騒ぎしている写真も目にしたんです」

※同上より引用

問題の映像ディレクターは事実確認をするために、桃田選手に電話をかけていたようです。

しかし、当の桃田選手は問題の電話を「ゆすり」と勘違いしました。

そのため、彼は電話の一件を周囲に相談した結果、警察沙汰に発展したのです。