【嫁画像】死去した山川民夫の高校はどこ?経歴あり

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は山川民夫氏を取り上げます。

医学者として数々の功績を打ち立て、「東京大学」および「東京薬科大学」の名誉教授を務める山川氏ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年10月14日に配信された「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

山川民夫さん(元・東京薬科大学長)が7日、
脳内出血で死去、96歳。

喪主は長男・恒夫(つねお)さん。

生化学が専門で、
ABO式血液型は、
赤血球表面にある糖脂質で決まると発見。

朝日賞、
日本学士院賞など受賞。

文化功労者。

同紙が報じている通り、彼の死因は「脳内出血」でした。

今回は、96歳で死去された山川民夫氏について調べてみました!

死去した山川民夫の嫁画像は?

冒頭でも触れた通り、山川氏の葬儀では長男の恒夫さんが喪主を務めます。

一般的に喪主を務めるのは、”故人に最も近い人間”です。

山川氏のケースで言えば、奥さんがそれに該当します。

ただし、配偶者が既に死去されている場合や離婚している場合は、子供が喪主を務めるケースもあります。

そこで、彼の私生活を調査したところ、晩年は奥さんと2人で暮らしていたことが分かったのです。

いまは妻と二人暮らし

花鳥風月を愛する身軽な立場だ。

教授定年頃からはじめたゴルフに熱心で、
年間に四十回は出かける。

厳冬でも 欠かさない。

八十人ものゴルフ仲間(研究者が大部分)の世話をやく。

研究だけが人生ではないぞという相変わらずの活躍ぶりである。

※「http://www.sendainiko.com/index.html」より引用

上記の通り、彼は定年後からゴルフを楽しむようになり、人生を謳歌していたようです。

ただ、奥さんの存在こそ明らかになったものの、顔写真や名前などは公にされていませんでした。

山川民夫の経歴や高校はどこ?

東京帝国大学 医学部(旧)を卒業した山川氏は、1959年に同大学の教授に就任しています。

彼の経歴がこちらです。

1944年
東京帝国大学 医学部 卒

1951年
東京大学医学博士。

1952年
東京大学 伝染病研究所 助教授

1959年
教授

1966年
医学部教授

1982年
定年退官
名誉教授
東京都 臨床医学総合研究所 所長
東京薬科大学 教授
同 名誉教授

※Wikipediaより引用

東京大学の卒業していることは判明したものの、高校については一切情報が掲載されていませんでした。

そこで、さらに調査を進めたところ、「仙台第二高校」であることが分かったのです。

宮城県 仙台第二高等学校 人物一覧

山川民夫(中39回)

東京大学名誉教授
東京薬科大学学長

※Wikipediaより引用