【死因】死去した田口久克市長は何癌?嫁,子供や高校はどこ?

あの人の訃報や死因

こんにちは。IVEです!

今回は田口久克氏を取り上げます。

稲敷市(茨城県)の市長を務めている田口氏ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年10月14日に配信された「産経新聞」は次のように報じています。

茨城県 稲敷市は14日、
がんで入院していた田口久克市長が同日午前7時13分、
千葉県内の病院で死去したと発表した。

69歳だった。

市によると、
高山久(ひさお)副市長が職務代理者を務める。

田口氏は昭和47年3月に日大法学部を卒業。

NHK報道局での勤務を経て、
平成21年の市長選で初当選して現在3期目。

先月28日にがんで入院中だと書面で公表していた。

同紙が報じている通り、田口市長は69歳という若さで死去されました。

ただ、上記では具体的な死因については言及されていません。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

今回は、死去された稲敷市の市長・田口久克氏について調べてみました!

スポンサーリンク

稲敷市長が死去!田口久克は何癌?死因は?

69歳で死去された田口市長ですが、その死因は一体何だったのでしょうか?

そこで、彼の死因を調査したところ、現在の時点ではどのメディアも死因は報じていないことが分かったのです。

そのため、彼の死因は不明です。

ちなみに、田口市長は癌の詳細も公表していませんでした。

ただ、「胃から出血した」と明らかにしているため、恐らくは「胃がん」であると思われます。

茨城県 稲敷市の田口久克市長(69)は28日、
自身が、
がんで入院中だと書面で公表した。

通院で抗がん剤治療を行ってきたが、
3日の検査で胃から出血が見つかり
入院した。

※「スポニチアネックス」より引用
(2018年9月29日配信)

スポンサーリンク

田口久克の高校はどこ?

日本大学(法学部)を卒業している田口市長ですが、高校はどこの学校を卒業しているのでしょうか?

本人のWikipediaでは高校以前の学歴は掲載されておらず、出身高校がどこなのかは分かりませんでした。

しかし、さらに調査を進めたところ、「江戸崎総合高校」であることが明らかになったのです。

田口久克の家族(嫁・子供)は?

学歴に関しては前項で述べた通りですが、田口市長の私生活については一切公表されていませんでした。

そのため、家族(嫁・子供)の有無どころか結婚歴さえも不明です。

ただし、田口市長の年齢を考えれば、既に結婚している可能性は高いと思われます。

恐らく、家族のプライバシーを考慮して非公表にしているだけでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪