【不倫】国場幸之助に女性問題あり!裏切りとは?

不倫や二股などの異性スキャンダル

こんにちは。IVEです!

今回は国場 幸之助(こくば こうのすけ)衆院議員を取り上げます。

自由民主党に所属する彼ですが、ここに来て既婚女性とのW不倫がスクープされ世間の注目を集めています。

このことについて2018年10月17日に配信された「文春オンライン」は次のように報じています。

自民党の沖縄県連会長を務める国場幸之助衆院議員(45)。

2012年に初当選し、
以来3回連続当選の「魔の3回生」である国場氏が、
既婚女性に対し、

〈キスしたい〉

などのLINEを送っていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

今回取材に応じたのは、
沖縄県那覇市在住の高橋次郎さん(仮名、40代男性)。

妻と国場氏がやり取りしたLINEの画面を印刷したものを記者に見せながら、こう憤る。

「(国場氏と妻が)こんな関係になっているとは想像もしていませんでした。
国場氏には怒りしかありません」

そこには国場氏が高橋氏の妻に送ってきた、

〈キスしたい〉

〈スカート滅茶苦茶かわいい〉

〈大切な女〉

などの文言が並ぶ。

「私には

『店に早めに行く』

などと嘘をついて国場氏と会っていたり、
私が知らない間に、
妻が東京へ飛び、
向こうで国場氏と会っていたこともわかりました」

国場氏は結婚しており、
妻と3人の子どもがいる。

文春の取材に対して国場議員は「記憶にない」と曖昧に返答し、不倫自体は明確に否定しませんでした。

しかし、不倫相手とされる女性宛てにLINEが残されていることから、彼に好意があったことは間違いないでしょう。

今回は、W不倫が報じられた国場 幸之助衆院議員について調べてみました!

国場幸之助がW不倫!過去にも女性問題でスキャンダルあり

今回の不倫騒動で大きな注目を集めている国場議員ですが、実は、彼の女性問題が取り上げられるのはこれが初めてではありません。

というのも、彼は2018年4月にも女性絡みでスキャンダルが報じられていたのです。

「日刊ゲンダイDIGITAL」が報じたところによると、国場議員はキャバクラ嬢を巡って一般男性と警察沙汰になっていたようです。

「地元では『女絡みのトラブル』という情報が広まっています。

関係者と街を移動中にキャバ嬢を口説いて
男性と揉み合いになったというのです。

ただ、
打撲と骨〇を負ったのに
被害届を出してないのは不自然。

国場氏はかなり酔っていて、
警察沙汰にならないよう丸く収めたのではないかとみられています」
(地元の記者)

(2018年5月1日配信)

国場議員を知る人間によると、彼は酒乱の気があるとのこと。

「普段は他人の顔色をうかがい、
おどおどしている印象なので
中央政界では『かわいいヤツ』と評価され、
県連会長にも選ばれた。

しかし酒を飲むと人が変わるんです。

仲間を引き連れて飲み、
自分を知らない人に出会うと

『俺を知らないのか』

と威張る。

酒に酔い、
仲間がいると強気になるタイプです。

だから
秘書などがそばにいて常にトラブルを回避してきた。

今回も周りに3、4人いたが、
なぜか止めきれなかったようです」

この証言が事実だとすれば、「酒」と「女性」を前にした国場議員は普段よりも強気になってしまったのでしょう。

国場幸之助の裏切りとは?

ネット上では「国場幸之助」を検索すると、「裏切り」という話題が持ち上がっています。

一体、彼はどんな裏切りをしてしまったのでしょうか?

そこで、この話題を調べてみたところ、これは沖縄県民に対する裏切りだったようです。

彼は2012年の衆院選で初当選を果たしていますが、当時の国場議員は普天間基地(沖縄)の”県外移設”を公約に掲げていました。

この公約が支持された結果、初当選を果たしたわけですが、なんと彼は当選後にこの公約を破棄していたのです。

このことについて2013年11月25日に配信された「沖縄タイムス」は次のように報じています。

昨年(2012年)12月の衆院選で当選し、
これまで県外移設の選挙公約を堅持してきたのは国場幸之助(1区)、
宮崎政久(比例、2区)、
比嘉奈津美(3区)の3氏。

25日には石破茂幹事長が国場、比嘉両氏に会い、翻意を促す

昨年12月の衆院選沖縄選挙区は、
普天間問題が最大の争点だった。

自民党県連は県外移設の方針を掲げ、
宮崎氏も県連と歩調を合わせ、
県外移設を主張して選挙戦を戦った。

それなのに当選後に、
党本部の圧力で公約を破棄してしまった。

代表制民主主義の根幹にかかわる事態だ。

同紙が報じている通り、国場議員を含む3人は”県外移設”を公約に掲げながらも、自民党本部の圧力に屈してしまい、公約を破棄していました。