【劇団四季】元俳優:喜多原拓人の結婚や嫁,子供は?Facebookも調査

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は喜多原 拓人さんを取り上げます。

現在は警察官として活躍している彼ですが、かつてはミュージカル俳優として活動していました。

そんな喜多原さんの活動が「産経新聞」に取り上げられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年10月24日に配信された同紙は次のように報じています。

軽快なメロディーと分かりやすい歌詞で、
電話de詐欺(特殊詐欺)への注意を呼びかける防犯ソング「合言葉はか・し・わ」が、
インターネットの動画共有サイト「ユーチューブ」で24日に公開された。

元ミュージカル俳優の千葉県警 柏署 交通課巡査の喜多原 拓人さん(34)が作詞・作曲を担当し、
映像も同僚の同署員が作成。

「お年寄りを被害から守りたい」

との強い思いが1分30秒の音楽に詰まっている。

喜多原さんは有名なミュージカル劇団で舞台に立った後、
テーマパークのショーダンサーを務め、
6年前(2012年)に県警の警察官に。

警察官なのに「歌って、踊れる」ユニークな経歴と才能を知った同署の小見川 裕署長の発案で防犯ソングの制作がスタートした。

同紙が報じている通り、喜多原さんは特殊詐欺防止の啓発ソングを手掛けていたのです。

今回は、元ミュージカル俳優の喜多原 拓人さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

元俳優:喜多原拓人は劇団四季の出身!Facebookは?

かつては劇団に所属し、ミュージカルを舞台に活躍していた喜多原さんですが、一体、どこの劇団に所属していたのでしょうか?

そこで、この劇団について調査したところ、なんと「劇団四季」であることが分かったのです。

千葉県警 柏 警察署では、
劇団四季で劇団員だった喜多原拓人巡査が、
高齢者にも「わかりやすく、耳に残る」ように、
特殊詐欺の抑止のために作った歌を披露した。

※「日テレNEWS24」より引用
(2018年8月24日配信)

また、劇団四季以外にも「羽鳥塾」という劇団に在籍していたことが確認されています。

彼の経歴がこちらです。

そして10歳以上も離れている若い小人役は喜多原拓人さん。

羽鳥塾のミュージカルクラスに入門してまもなく、
USJの『ピータパン』の主役にオーディション合格。

歌と台詞を披露している。

プロの俳優としての第一歩はそこからスタートした。

その後、
ブロードウェイパペットミュージカル「MAYA THE BEE」に出演しながら、
小人役を一緒に創りあげ、
ダブルキャストでの出演となった。

※ブログ「ファンタジー・ミュージカル 夜物語 創作日記」より引用
(2009年7月20日投稿)

同ブログに掲載されていた俳優時代の喜多原さんがこちらです。

俳優時代の画像は確認されているものの、詳細なプロフィールについては公表されておらず不明です。

また、本人のSNSを調査してみましたが、Facebookアカウントは存在していませんでした。

スポンサーリンク

喜多原拓人の結婚や家族(嫁・子供)は?

警察官として第2の人生をスタートさせた喜多原さんですが、私生活では結婚しているのでしょうか?

彼の年齢を踏まえれば既に結婚していても不思議ではありません。

ただ、現在までに結婚や家族(嫁・子供)の情報は一切確認できていません。

本人のFacebookも存在しないため、喜多原さんの私生活を把握することは今後も難しいでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪