【引退理由】森崎和幸と嫁(名前:志乃)の結婚式画像!病気で闘病

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は森崎和幸選手を取り上げます。

「サンフレッチェ広島」でプレーする彼ですが、ここに来て突然の引退が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年10月27日に配信された「ゲキサカ」は次のように報じています。

サンフレッチェ広島は27日、
MF森崎和幸(37)が今季限りで現役を引退することを発表した。

広島のレジェンドは現役引退の発表に際し、
クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「私、森崎和幸は2018シーズンをもちまして
現役を引退することを決断しました」

「ユース時代を含めて22年という長い間、
サンフレッチェ広島でプレーできたのは、
いつも応援していただいている株主・スポンサーの皆様、
ファン・サポーターの皆さん、
クラブ関係者の皆さん、
家族、
そしてこれまで共にプレーしてきたチームメートのおかげだと思っています。

本当にありがとうございました」

「そして最後に、
僕は今年の優勝は諦めていません。

最後まで共に戦ってください。

僕も最後まで戦い続けます!」

2018年度を最後に現役を引退する和幸選手ですが、現在の時点では詳しい理由は公表されていません。

今回は、現役引退を表明した森崎和幸選手について調べてみました!

スポンサーリンク

森崎和幸と嫁(名前:志乃)の結婚式画像あり

現役を引退する和幸選手ですが、私生活では2006年に結婚していました。

結婚相手は一般人であるため、奥さんの名前や顔写真などは大々的に取り上げられていません。

しかし、奥さんについて調査を進めたところ、結婚式の画像が確認されたのです。

奥さんの顔写真に加え、名前についても「志乃」さんであることが分かっています。

スポンサーリンク

森崎和幸の病気は慢性疲労症候群

ファンの間では周知の事実となっていますが、和幸選手は”ある病気”を抱えていました。

それが「慢性疲労症候群」です。

これは極度の疲労感に襲われる病気であり、最悪の場合は寝たきりになるケースも報告されている難病です。

現在の医学では原因が究明されていないため、生涯にわたって闘病する必要があります。

本人によると、最初に違和感を覚えたのは2003年の時だったと言います。

しかし、当時は多少の疲労感を覚えただけで数日休んだ後には違和感は消えていたとのこと。

慢性疲労症候群との闘病について「Sportiva」では次のように掲載されています。

慢性疲労症候群――。

原因不明の強度の疲労や倦怠感が長期間にわたって継続する病気とされている。

その”病”に、和幸は侵された。

彼の場合は、
それが精神面や「心」に大きく影響を与えた。

他人にはいつもと変わらない様子に見えたが、
気持ちが沈み込むと同時に、
動けないほど強い疲労感を感じて、
倦怠感に全身が包まれた。

寝たくても眠れず、
寝られたとしても本人にその意識はなかったという。

運動すれば、
すぐに息が上がり、
頭の回転が鈍くなった。

酷いときは、
食事をとることすらできなくなったという。

そして、
その症状は、
いつ襲ってくるのか本人にもわからず、
その状態がさらに彼の「心」を圧迫した。

(2012年12月1日掲載)

当時の監督から休暇をもらった和幸選手でしたが、症状は一向に改善しませんでした。

そんな時、彼を支え続けていたのが現在の奥さんである志乃さんだったのです。

その頃はまだ恋人だった妻の志乃さんはこう振り返る。

「最初はどこにも行ける状態ではなかったんですよね。

家でゴロゴロしているだけで、
ご飯もほとんど食べなかった。

かといって、
寝ているわけでもない。

ほとんど動かないというか、
動けないんですよ」

それでは、
治るものも治らない。

しばらくして、
志乃さんの誘いで旅行に行ったり、
一緒に河川敷を軽く走ったり、
なんとか身体を動かすことを試みた。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪