【死因:何癌?】死去した角替和枝はうつも経験!若い頃の画像あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は角替和枝(つのがえ かずえ)さんを取り上げます。

柄本 明さんの妻であり、自身も女優として活躍している角替さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

■柄本 明

彼女の死去について2018年10月28日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

舞台、映画、ドラマなどで幅広く活躍した女優・角替和枝さんが、
がんのため27日早朝に都内の自宅で亡くなったことが同日、分かった。

64歳。

静岡県生まれ。

つかこうへい事務所を経て、
劇団東京乾電池に所属。

夫・柄本明(69)
長男・柄本佑(31)
次男・柄本時生(29)、
佑の妻安藤サクラ(32)もそれぞれ俳優として活躍する芸能一家。

通夜、葬儀は、
本人と家族の希望で密葬で営まれる。

関係者によると、
角替さんは27日午前5時ごろ、
柄本、
佑らに見守られて息を引き取った。

時生は海外で仕事中のため、
最期をみとることはできなかったという。

角替さんは、
約1年間の闘病生活を続けていた。

同紙が報じている通り、角替さんの死因は癌でした。

今回は、2017年より闘病生活を送っていた角替和枝さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

角替和枝が死去!死因は何癌?

2017年より癌による闘病生活を送っていた角替さんですが、一体、何癌を患っていたのでしょうか?

そこで、彼女の癌について調査してみたものの、現在の時点では癌の種類は報じられていなかったのです。

恐らく、癌の詳細についてはマスコミにさえも公表されていないと思われます。

スポンサーリンク

角替和枝はうつ病だった

癌より死去された角替さんですが、生前は「うつ病」も患っていました。

本人によると、うつ病が発覚したのは2009年の時。

当時54歳だった彼女は、ニューヨーク行きの飛行機の中で胸が痛くなったことがきっかけで、うつ病が明らかになったとのこと。

このうつ病により、彼女は自〇を考えるほど追い込まれてしまいました。

当時の様子について2015年7月8日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

角替は6年前(2009年)、54歳のとき、
ニューヨークへ行く飛行機に乗った際に胸が痛くなって狭心症が疑われ、検査入院した。

しかし心臓に問題はなく、
心療内科へ行くよう指示された。

実はその2年前(2007年)から症状に見舞われていた。

「ある日突然、
まったく寝られなくなった。

テレビ見て眠くなり、
眠ろうとした瞬間パッカーンって目が覚める。

自分でも変だと思った」。

症状はつのり、
やがて

「死んだらどうなるんだろう?

私は必要とされていない。

試してみたい。
死んでみたい」

という思いが兆した。

死にたい自分とは別に死んではダメだと分かっている自分もいて、
駅に行くと

「(飛び込むんじゃないかと)電車が怖かったから、
プラットホームの柱につかまっていた」。

それでも病院へ行かなかったのは

「こんな軽い症状で来るなと怒られるんじゃないかと」思ったからで、
同じ理由から夫や長男・柄本佑、
次男の柄本時生にも打ち明けられなかったという。

周囲に迷惑をかけないように自身の不調を明かさなかった角替さんですが、2年間の治療を経てうつ病を克服することに成功しました。

角替和枝の若い頃の画像あり

ネット上では角替さんの若い頃が話題となっていました。

そこで、当時の画像を調べたところ、以下の写真が確認されたのです。

この画像から、若い頃の角替さんは非常に美人だったことが分かります。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪