【死因:病気?】死去したレイモンドチョウに家族あり!嫁&子供の画像

あの人の訃報や死因

こんにちは。IVEです!

今回はレイモンド・チョウさんを取り上げます。

香港映画界の巨匠にして、ブルース・リーを育てた人物でもあるレイモンドさんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

■ブルース・リー

彼の死去について2018年11月3日に配信された「ねとらぼ」は次のように報じています。

映画会社「ゴールデン・ハーベスト」の創業者の一人で、
ブルース・リーやジャッキー・チェンなど数々の香港アクションスターを育てた映画プロデューサーのレイモンド・チョウさんが11月2日に亡くなりました。

91歳でした。

レイモンドさんは1970年に当時勤めていた映画会社「ショウ・ブラザーズ」から独立し、
レナード・ホーさんらと共にゴールデン・ハーベストを設立。

映画「ドラゴン危機一発」「燃えよドラゴン」「プロジェクトA」「スパルタンX」などを立て続けにヒットさせ、
アジア全土に及んだ1970~80年代の香港映画ブームの立役者となりました。

その後、2007年に引退を表明。

香港各紙がレイモンドさんの死について、
その功績と共に報じているほか、
ゴールデン・ハーベストも公式Facebookで故人の死を悼む投稿をしています。

同紙が報じている通り、レイモンドさんは91歳で死去されました。

今回は、ブルース・リーの育ての親であるレイモンド・チョウさんについて調べてみました!

レイモンド・チョウが死去!死因は病気?

91歳で死去されたレイモンドさんですが、気になるのはその死因です。

彼の年齢を考えれば、生前に病気を患っていても不思議ではありません。

ところが、現在の時点ではどのメディアも死因については言及していないのです。

そのため、公式サイトやwikipediaにも死因や病歴は掲載されていません。

恐らく、死因を把握しているのは遺族だけなのでしょう。

レイモンド・チョウに家族あり!嫁&子供の画像

私生活がほとんど公表されていないレイモンドさんですが、Facebookの投稿より、奥さんと子供(息子)の存在が判明したのです。

右から2番目の親子はレイモンド・チョウの奥さんと息子さんですね。

(2016年12月27日投稿)

ただ、名前や年齢までは分かっていません。