【エホバの証人】フルート:木本結梨香の経歴!結婚は?Facebook&画像

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は木本 結梨香(きもと ゆりか)さんを取り上げます。

フルート奏者として活躍している彼女ですが、ネット上では木本さんの経歴や家族(旦那・子供)に大きな注目が集まっています。

果たして、彼女はどんな人物なのでしょうか?

今回は、フルート奏者として活躍する木本 結梨香さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

フルート奏者:木本結梨香の経歴&プロフィール

木本さんの経歴を調査したところ、以下のプロフィールが得られたのです。

4歳からピアノ、
12歳からフルートを習う。

県立神奈川総合高校を経て、
上野学園大学 短期大学部 音楽科を首席で卒業

在学中、
定期演奏会、卒業演奏会等に出演。

第19~20回日本クラシック音楽コンクール全国大会入選。

第12回大阪国際音楽コンクール入選。

第28回かながわ音楽コンクール一般の部特選。

第26回及川音楽事務所新人オーディション優秀新人賞。

第83回読売新人演奏会、
第40回フルートデビューリサイタル出演。

これまでにフルートを飯島和久、
竹澤栄祐、
中村薫、
小林優香の各氏に師事。

元カワイ音楽教室講師。

※「木本音楽教室」より引用

木本音楽教室の代表は「木本 あゆみ」さんという女性です。

恐らくは、この方が木本さんの母親だと思われます。

スポンサーリンク

木本結梨香はエホバの証人だった

全国区の知名度はないため、木本さんの素性はほとんど公表されていません。

ただ、「徳島新聞」により、彼女が「エホバの証人」を信仰していたことが分かりました。

家族によると、
木本さんは神奈川県内の高校を経て、
東京都内の短大の音楽科を卒業。

キリスト教系宗教団体「エホバの証人」の信者で、
フルート奏者として音楽活動を続けながら、
数年前からは友人と共にグアテマラに移り住み宣教活動に取り組んでいた。

(2018年11月6日配信)

上記の通り、木本さんは布教の一環でグアテマラに移住していたようです。

一般的にエホバの証人は熱心な信徒として有名であり、人によっては月に140時間も布教活動に従事しているとのこと。

元・宗教倫理学会評議員であり宗教学者の生駒孝彰によると、
彼らの長時間の伝道の義務と熱心さは有名であり、
多い人で月に140時間
少ない者で60時間を費やすという。

※Wikipediaより引用

木本さんが布教の目的でグアテマラに移住していることから、非常に敬虔な信徒だったことが分かります。

木本結梨香は結婚してる?Facebookは?

2018年11月現在、木本さんは26歳

彼女の年齢であれば既に結婚していても不思議ではありません。

そこで、木本さんのFacebookを調べてみたところ、本人のアカウントは存在していなかったのです。

そのため、結婚や家族(旦那・子供)の情報は一切得られていません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪