【死去】深山計アナの嫁は?癌のステージはいくつ?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は深山 計(みやま はかる)アナウンサーを取り上げます。

かつては「ニッポン放送」のアナウンサーを務めていた深山さんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年11月7日に配信された「サンケイスポーツ」は次のように報じています。

元ニッポン放送のフリーアナウンサー、
深山計(みやま・はかる)さんが1日午後9時11分、
直腸がんのため東京都内の病院で死去していたことが6日、分かった。

64歳だった。

関係者によると、
8月中旬に病気が判明し、入院していた。

神戸市出身の深山さんは関学大卒業後の1976年、
広島・中国放送に入社。

プロ野球・広島が制した84年の日本シリーズの実況を担当した。

89年にニッポン放送に移り、
プロ野球などのスポーツを担当。

96年のアトランタ五輪では開会式や女子マラソン、
バレーボールなどを実況した。

2002年に退社し、
女子マラソン五輪2大会メダリストの有森裕子さん(51)らとスポーツマネジメント会社「ライツ」を設立。

同社で取締役やアドバイザーを歴任し、
フリーアナウンサーとしてスポーツ実況のほか、
講演会やトークショーの司会を務めていた。

喪主は長男、拓(たく)氏。

同紙が報じている通り、深山アナの死因は「直腸がん」でした。

今回は、64歳という若さで死去された深山 計アナウンサーについて調べてみました!

スポンサーリンク

深山計アナが死去!死因:直腸がんのステージは?

直腸がんにより死去された深山アナですが、癌が発覚したのは2018年8月でした。

つまり、彼はわずか4ヵ月で死去されたことになります。

ただ、直腸がんの生存率は3年間で80%以上もあり、他の癌と比較して高い生存率を誇っています。

※「がん治療.com」より引用

しかし、癌がステージ4まで進行すると、5年後の生存率は20%以下にまで落ち込みます。

※「がん治療.com」より引用

現在のところ、深山アナの癌がどのステージなのかは明かされていないため不明です。

しかし、癌が判明してから4ヶ月後に死去されているため、ステージ4だったのかもしれません。

スポンサーリンク

深山計アナの嫁は?

深山アナの通夜で喪主を務めるのは息子の拓さんでした。

一般的に喪主を務めるのは、故人に最も近い人間という慣例があります。

彼の場合で言えば、奥さんがそれに当たります。

しかし、奥さんが既に死去されている場合離婚されている場合はこの限りではありません。

深山アナのケースでは、息子さんが喪主を務めているため、奥さんは亡くなっているか、離婚されていると思われます。

ただ、奥さんの素性は一切公にされておらず、その素性は分かりませんでした。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪