【Facebook/Wiki】内谷正文の弟(名前:俊行)の画像は?結婚や嫁,子供は?

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は内谷正文(うちや まさぶみ)さんを取り上げます。

俳優として活躍している内谷さんですが、彼には薬に依存していた過去があります。

現在では既に依存症を克服しており、その経験をもとに1本の映画「まっ白の闇」を製作しました。

このことについて2018年11月7日に配信された「日刊ゲンダイDIGITAL」は次のように報じています。

テレビ、映画、舞台などで活躍する俳優・内谷正文(48)が初監督した映画「まっ白の闇」が新宿K’sシネマで始まった(9日まで)。

自らの体験をもとに依存症の怖さと自立への道を描いた作品で、
依存症の兄の影響で興味半分から大〇に手を出し、
覚〇剤中毒へと転落していく弟と家族の地獄のような日々が赤裸々に描かれている。

「映画に出てくる兄弟は実際の私と弟が投影されています。

私は高校生の頃に暴〇族をつくり、
裏ルートから入手した大〇を吸ったり、
暴〇団との抗争で新聞ダネになるような絵に描いたようなワル。

33歳で断ち切るまで薬に依存していたのも事実です。

そんな私の影響で3歳下の弟が27歳で重度の依存症になったのはショックでした。

それがきっかけで、
自分が依存症から立ち直ったのは皮肉でしたね」

「弟は今は更生し、
結婚して子どももいます。

彼が更生できた茨城ダルク(社会復帰を目指すための民間のリハビリ施設)のことも知ってほしいんです。

実際に更生できるのは100人に1人といわれ、
弟のケースは奇跡のようなものです」

同誌が報じている通り、内谷さんは弟の姿を見て依存症を克服することができたのです。

今回は、自身の経験を通じて薬の怖さを啓発する内谷正文さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

内谷正文に弟あり!名前は俊之で画像は?

冒頭でも触れた通り、内谷さんが依存症を克服できたのは弟の存在が大きく影響していました。

弟さんは既に結婚しており、妻子ある身となっていますが、一体、どんな人物なのでしょうか?

そこで、弟さんの素性について調査したところ、名前が「俊行」さんであることが分かったのです。

「白い悪魔」が「覚〇剤を使え」とささやき、
乱用していた弟の俊行さん(41)が深みにはまっていく過程や、
それに振り回されて苦しむ内谷さんや両親の様子が演じられていく。

※「中日新聞」より引用
(2014年8月20日配信)

ただ、俊之さんは一般人であるため、顔写真は公表されていませんでした。

しかし、内谷さんのFacebookを調べたところ、弟さん本人と思われるアカウントが確認されたのです。

それによると、俊行さんは2004年に「浩子」さんという女性と結婚しており、現在では福岡県に住んでいるようです。

また、俊行さんのFacebookには2人の子供(息子・娘)の素顔が掲載されていましたが、プライバシーを考慮して公開は控えさせて頂きます。

スポンサーリンク

内谷正文のWikiプロフィール

現在の時点では内谷さんのWikipediaは存在していません。

ただ、「タレントバンク」より以下のプロフィールが得られています。

芸名
内谷 正文

性別
男性

生年月日
1969/11/29

星座
いて座

干支
酉年

血液型
AB

出身地
神奈川県

身長
183 cm

体重
70 kg

デビュー年
1992年

好きなスポーツ
サ-フィン

資格・免許
普通自動車
普通二輪
小型船舶操縦士4級
柔道初段
スキューバーダイビングライセンス

趣味・特技
絵を描くこと

現状では”マイナーな俳優”という印象が拭えない内谷さんですが、彼の知名度が増せば、情報も体系化されるでしょう。

内谷正文にFacebookあり!結婚や嫁・子供は?

2018年11月現在、内谷さんの年齢は48歳。

彼の年齢を考えれば既に結婚している可能性は大いにあり得ます。

しかし、これまでに内谷さんの結婚が公表された事実はなかったのです。

本人のFacebookでも「独身」と記載されているため、結婚はしていないものと思われます。

結婚自体が確認されていないため、家族(嫁・子供)の詳細も不明です。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪