【死因:病気?】マーベルの親:スタンリーが死去!嫁の画像あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回はスタン・リーさんを取り上げます。

「スパイダーマン」「X-メン」などのマーベルコミックを手掛けた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

スタンさんの死去について2018年11月13日に配信された「JIJI.COM」は次のように報じています。

「スパイダーマン(Spider-Man)」や「ハルク(Hulk)」といったスーパーヒーローの生みの親となったアメコミの巨匠スタン・リー(Stan Lee)氏が12日、死去した。

95歳だった。

芸能誌ハリウッド・リポーター(Hollywood Reporter)などによると、
リー氏はロサンゼルスで12日早朝に死去した。

リー氏は近年、複数の病気を患っていた。

同紙が報じている通り、スタンさんは95歳で死去されました。

今回は、死去された”マーベルコミックの生みの親”ことスタン・リーさんについて調べてみました!

マーベルの親が死去!スタン・リーの死因は病気?

95歳で死去されたスタンさんですが、彼の死因は何だったのでしょうか?

そこで、スタンさんの死因について調査してみたものの、どのメディアでも詳しい死因は報じていなかったのです。

ただ、晩年の彼は病気がちで体調を崩しており、2018年1月には緊急搬送されていました。

報道によれば、
31日の夜、
ロサンジェルスのシーダーズ・サイナイ病院に搬送されたそう。

自宅で軽い呼吸困難心拍の乱れが起きた様子。

※「SCREEN online」より引用
(2018年2月2日配信)

この時も病名は明かされていませんが、メディアは「心臓発作」と報じていました。

スタン・リーの嫁も死去していた!画像あり

スタンさんの家族を調べたところ、既に奥さんも死去されていることが分かりました。

奥さんの名前は「ジョーン」さんと言い、彼女は2017年7月に死去しています。

ジョーンさんの死去について2017年7月11日に配信された「シネマトゥデイ」は次のように報じています。

マーベル・コミックスの巨匠で、
数々のマーベル映画にカメオ出演しているスタン・リーの妻ジョーン・リーさんが7月6日(現地時間)にロサンゼルスで亡くなったとEW.comなどが報じた。

93歳だった。

ジョーンさんは先週初めに脳梗塞を患い、
入院していたという。

同紙によると、2人は出会って6週間後に結婚したようです。

しかし、当時のジョーンさんは既に結婚していたため、夫と離婚してスタンさんと結婚(再婚)したのです。

スタンは1947年に帽子モデルをしていたジョーンさんとイギリスで出会ったそう。

スタンは彼女の友人とデートをセッティングされていたが、
惹(ひ)かれあったのはスタンとジョーンさんだったようだ。

当時米兵と結婚をしていたジョーンさんはすぐに離婚をし、
出会ってから6週間後に二人は結婚をしたそうだ。