【死因:敗血症】元議員:近藤基彦が死去!嫁の現在は?画像あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は近藤基彦氏を取り上げます。

かつては自民党所属の衆議院議員として活躍した彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

近藤氏の死去について2018年11月19日に配信された「JIJI.COM」は次のように報じています。

近藤 基彦氏
17日午後7時29分、
敗血症のため新潟市内の病院で死去、64歳。

喪主は長男・元基(げんき)氏と次男・裕基(ゆうき)氏。

議員秘書を経て、
2000年の衆院選に新潟2区から無所属で立候補し、初当選。

その後、
自民党に入った。

当選3回。

農林水産副大臣などを歴任した。

同紙が報じている通り、彼の死因は「敗血症」でした。

今回は、敗血症で死去された近藤基彦氏について調べてみました!

元議員:近藤基彦が死去!死因の敗血症とは?

64歳という若さで死去された近藤氏ですが、その死因は敗血症でした。

敗血症とはどんな病気なのでしょうか?

「敗血症.com」によると、敗血症は、感染症をきっかけに全身に生体反応が起こることを指すようです。

Q1. 敗血症とは何ですか?

敗血症とは、
生命を脅かす感染に対する生体反応です。

組織障害や臓器障害をきたすため、
集中治療室(ICU)での全身管理および治療が必要になります。

ショックや著しい臓器障害をきたす場合は死に至る場合もあります。

そのため、敗血症は感染症に罹った人物であれば、誰しもに起こり得る危険があるのです。

敗血症は様々な症状を引き起こすため、特有の症状はありません。

しかし、それでも以下の症状が挙げられます。

悪寒

疼痛(痛痒さ)

意識の低下

呼吸の乱れ(息切れ、過呼吸)

頻脈

しかし、初期段階の敗血症は自覚症状に乏しいため、発見が遅れる危険性があります。

そのため、敗血症を予防するためには感染症に罹らないようにすることが最も大事なのです。

近藤基彦の嫁は現在何してる?

冒頭でも触れた通り、喪主を務めるのは2人の息子さんです。

一般的に喪主を務めるのは、故人に最も近しい人物という慣例があります。

今回の場合で言えば、奥さんがそれに当たります。

しかし、配偶者が既に死去している場合などは、この限りではありません。

一体、奥さんはどんな人物なのでしょうか?

そこで、近藤氏の妻について調べてみたものの、これまで表メディアに姿を現した形跡は確認できなかったのです。

そのため、奥さんの素性(名前・年齢・顔写真)はおろか、現在の様子すらも不明です。