【退団理由↓】音月桂の結婚や旦那,子供は?宝塚時代の画像あり

世間の声や評価・評判

こんにちは。IVEです!

今回は音月 桂(おとづき けい)さんを取り上げます。

かつては宝塚歌劇団・雪組に所属し、トップスターを務めていた彼女ですが、ここに来て生田斗真さん主演の舞台に出演することが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年11月19日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

俳優の生田斗真(34)が、舞台「オレステイア」で、
主人公・オレステスを演じることが18日、分かった。

ギリシャ悲劇を題材にした作品。

生田は

「敷居が高いと思われがちな古典作品を多くの方に楽しんでいただけるよう、
一生懸命努めます」

と気合十分。

さらに

「新国立劇場はとてもきれいな劇場。

毎日の通勤が今から楽しみ」

と上演を心待ちにした。

共演は女優・音月桂(38)、趣里(28)ら。

今回は、雪組の元トップスター・音月 桂さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

音月桂の退団理由は?宝塚時代の画像あり

2010年に雪組・トップスターに就任した音月さんでしたが、その3年後の2012年に宝塚を退団しています。

■宝塚時代

一体なぜ、彼女はトップの座からいきなり退団してしまったのでしょうか?

現在までに音月さんが退団の理由を口にしたことはありません。

しかし、Yahoo!知恵袋では次のような声が上がっていたのです。

雪組・音月桂さんは
なぜあれほど早期に退団にしたのでしょうか。

個人的には実力も人気もあった印象だったので、
ちょっと早すぎるなとも思いました。

(2015年11月28日投稿)

察するに、
あれだけ客席がガラガラだったらモチベーションの維持も難しいと思います。

もちろん音月さんは人気も実力もありましたが、
当時の雪組は作品に恵まれなかったこと、
そして何より例の96期問題で主犯格とされた生徒さんが在籍していたことから、
恐ろしいまでに客席が埋まりませんでした。

劇団も彩吹さんを辞めさせてまで(表現は悪いですが)音月さんをトップにしたわけです。

当然、
100周年まで考えていたでしょう。

現在は再び軌道にのりましたが、
100周年の少し前の一時期、
歴史的に見ても危機感すら覚えるほど、
客足の遠のいた時期がありました。

雪、花、月などは酷かったですよ。

(2015年11月30日投稿)

上記の通り、音月さんがトップスターに就任した時期は、劇団への不信感から客足が遠のいていたのです。

この回答は個人的な所感に過ぎませんが、彼女が短期間で退団した背景には、客足なども関係していたのかもしれません。

スポンサーリンク

音月桂は結婚してる?旦那・子供は?

2018年11月現在、音月さんは38歳。

彼女の年齢を考えれば既に結婚している可能性も考えられます。

しかし、現在の時点では結婚や家族(旦那・子供)の情報は確認されておらず、恐らくは独身だと思われます。

これまで熱愛スキャンダルも報じられたことの音月さんですが、少なくとも2015年の時点では未婚であることが報じられていました。

すっかり女っぽくなったけれど、
まだ、熱烈なラブシーンや私生活での浮いた話はない。

「いやー、ありませんね。

ラブシーンは役に入っていれば自然にできると思うし、
恋愛や結婚もいずれはね。

ただ、
私は基本的に演じることが好きなんだと新たに気付いたところです。

まだまだやりたいことが山ほどある。

役者の醍醐味は経験したことのない生活を役の上で過ごせること。

映像でも舞台でも、
もっともっと、いろんな役をやってみたい」

※「zakzak by 夕刊フジ」より引用
(2015年3月11日配信)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪