【顔画像あり】増渕良亮が逮捕?Facebook削除⇒逃亡?MELM事務所の社長

世間を震撼させた事件や事故

こんにちは。IVEです!

今回は『鍋に顔パワハラ問題』を取り上げます。

「週刊新潮」の報道で発覚した今回のパワハラ問題ですが、件の社長は雲隠れを決め込み、正体を現すことはありませんでした。

しかし、ここに来てその正体が明らかになり、世間の注目を集めています。

問題の人物について2018年11月23日に配信された「デイリーニュース」は次のように報じています。

芸能事務所は「MELM」(東京都渋谷区)。

A氏は告訴の前に代理人弁護士とともに都内で会見し、
Y社長から受けたさまざまな被害を詳細に告白した。

Y社長は同日、
取材に対し、行為を認め謝罪。

同社の社長を辞任した。

会見後には、
弁護士とともに渋谷署に赴き、
刑事告訴の手続きを行った。

今後、
損害賠償を求める裁判も起こす方針。

弁護士によれば、
Y社長からは示談を申し込まれたというが、
対応については明かさなかった。

同紙が報じている通り、問題のパワハラが起きた事務所は「MELM」でした。

今回の報道でも問題の人物は実名が報じられていないものの、事務所名が判明したことで”Y社長”の正体が明らかになったというわけです。

今回は、『鍋に顔パワハラ問題』の当事者である”Y社長”について調べてみました!

スポンサーリンク

鍋に顔パワハラのY社長は増渕良亮!MELM事務所の社長で顔画像あり

今回の報道により、事務所名が報じられたことでMELMのHPは「メンテナンス中」と表示されています。

しかし、事務所名が明らかになったことで社長を務めていた人物の名前が「増渕良亮」であることが分かりました。

増渕氏の顔画像がこちらです。

彼のプロフィールや経歴については不明ですが、今後の報道で明らかになると思われます。

スポンサーリンク

増渕良亮のFacebookは?アカウント削除して逃亡か

芸能事務所の社長を務めていた増渕氏ですが、彼は表舞台に出る人間ではないため、私生活については明らかにされていません。

そこで、Facebookを調査したところ、本人と思われるアカウントの形跡が確認されたのです。

しかし、そのアカウントは既に削除もしくは非公開に設定されているため、閲覧することはできませんでした。

もし、これが増渕氏のアカウントであれば、素性の判明を恐れて逃亡したと思われます。

増渕良亮の逮捕も近い?

今回のパワハラ問題で刑事告訴された”Y社長”ですが、この人物が増渕氏であれば、逮捕も時間の問題でしょう。

しかし、被害者の方が示談に応じれば、逮捕される可能性は低くなります。

世論では逮捕を望む声が大半を占めていますが、その鍵は「示談に応じるか否か」にかかっています。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪