【別居⇒離婚?】大島由香里の実家が倒産!小塚崇彦にそっくりな子供の名前↓

気になるアノ人の家族

こんにちは。IVEです!

今回は大島 由香里さんを取り上げます。

かつてはフジテレビのアナウンサーを務めた彼女ですが、私生活ではフィギュアスケート選手である
小塚崇彦さんと2016年に結婚。

2017年には第1子(娘)さんが誕生し、充実した私生活を送っていました。

しかし、ここに来て突然の離婚危機が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2018年12月3日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

フィギュアスケート男子の2010年バンクーバー五輪代表で
11年世界選手権銀メダリストの小塚崇彦さん(29=トヨタ自動車)が、
妻で元フジテレビアナウンサーの大島由香里さん(34)と別居していることが2日、分かった。

関係者によると、
原因は多忙によるすれ違いで、
すでに離婚に向けた話し合いをしている。

小塚さんの知人は

「大島さんとの関係修復は難しいようです。

今月中にも結論を出す可能性があると思います」

と、
早ければ年内に離婚が成立するとも指摘した。

昨年(2017年)4月に第1子の長女が誕生。

育児休暇を機に大島さんは生活拠点を小塚さんの地元である名古屋に移した。

昨年末にはプライベートを充実させるためにフジテレビを退社している。

2人の交際は、
13年6月にスポニチ本紙がスクープした。

小塚さんが8位入賞を果たしたバンクーバー五輪が行われた10年に知り合い、16年2月に結婚した。

同紙が報じている通り、大島さんと小塚さんは既に別居していました。

今回は、離婚危機が発覚した大島 由香里さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

別居⇒離婚?大島由香里の実家は倒産していた

小塚さんとの離婚危機が明らかになった大島さんですが、過去にも彼女が世間の注目を集めたことがありました。

それは2016年の時。

この時、なんと大島さんの実家が倒産していたことが報じられたのです。

このことについて2016年3月2日に配信された「女性自身」は次のように報じています。

彼女の父・N氏は兄といっしょに神奈川県内でも有数のグループ企業を経営していた。

「ゼネコンを中心に、
ホテルや自動車教習所も経営しており、
Nさんも複数の会社の社長でした」
(N氏の知人)

大島アナの人生が急変したのは18歳誕生日を迎える目前。

父や伯父が経営していた会社が次々に倒産したのだ。

「いわゆる連鎖倒産ですね。

原因は景気の低迷や、
公共工事の削減でした。

Nさんが社長の会社だけでも、
負債額は80億円を越えました」
(前出・N氏の知人)

そして彼女が東京都内の大学に入学したころ、
思い出が詰まった自宅も競売にかけられた……。

また倒産騒動後に両親は離婚し、
彼女は母の旧姓を名乗るようになったという。

同誌が報じている通り、大島さんの実家が倒産したのは18歳の時でした。

つまり、これは2002年の出来事だったことになります。

スポンサーリンク

子供は小塚崇彦にそっくり!名前は樺子(かこ)

2017年に子供(娘)が生まれたわけですが、名前や顔写真は公表されているのでしょうか?

そこで、子供の素性を調べたところ、以下の画像が確認できたのです。

今日は娘の樺子の誕生日です!!

※「TAKAHIRO KOZUKA」より引用
(2018年4月25日投稿)

上記の通り、娘さんの名前は「樺子」(かこ)というようです。

子供の写真が公開されたことでネット上では「お父さんにそっくり」という声が続出しています。

小塚さん本人も周囲から「そっくり」と言われているようで、自身のブログでも次のように明かしていました。

かこしゃんが生まれてからこの1年でどこへ行っても、

「 パパにとても似てますね!笑 」

と何千回も言われておりますが、
このままママに似て素敵で優しい性格美人な子になってもらえたらパパは嬉しいです!

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪