【死去】袁木の死因は何の病気?家族(嫁,子供)あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は袁 木(えん ぼく)氏を取り上げます。

1989年に中国で発生した「天安門事件」では政府の報道官を務め、世界的に名前の知られた袁氏ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2018年12月23日に配信された「産経新聞」は次のように報じています。

中国の民主化運動が武力弾圧された1989年の天安門事件で、
政府の報道官を務めた袁木氏が病気のため
13日に死去していたことが23日、確認された。

北京市内で同日、葬儀が行われた。

袁氏は27年12月、江蘇省で生まれた。

袁氏の死去をめぐっては、
中国の一部メディアが17日に一報を伝えたものの国営メディアは報道せず、
ネットから死亡情報が一時削除されていた。

来年(2019年)、
天安門事件から30年の節目を迎えるのを前に、
当局が関連報道に敏感になっているとみられる。

袁氏は天安門事件で“政府の顔”を務め、

「天安門広場で1人も死んでいない」

などと主張した。

同紙が報じている通り、袁氏は90歳で死去されました。

今回は、天安門事件で報道官を務めた袁 木氏について調べてみました!

袁木が死去!死因の病気は何?

90歳で死去された袁氏ですが、その死因は病気でした。

ただ、ここで気になるのが彼の病名です。

そこで、袁氏の死因について調べてみたものの、中国メディアでも「死因=病気」としか報じられていなかったのです。

恐らく、彼の死因については遺族が公表しない意向なのかもしれません。

袁木に家族あり!嫁・子供の画像は?

袁氏の私生活を調べたところ、Wikipedia(中国版)では家族に関する情報が掲載されていました。

■家庭
妻子:王鹤,曾任。

並び順から考えて、「王鹤」が奥さんで「曾任」が子供でしょう。

ただ、この名前で画像を検索しても妻・子供の写真はヒットしませんでした。