【痩せた】北川知克が死去!死因は病気?嫁,息子あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は北川知克 衆議院議員を取り上げます。

自民党では副幹事長の職に就く彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

北川議員の死去について2018年12月26日に配信された「KYODO」は次のように報じています。

自民党副幹事長で元環境副大臣の北川知克氏が26日、
67歳で死去したことが分かった。

関係者が明らかにした。

大阪府出身で、自宅は大阪府寝屋川市。

北川氏死去に伴う衆院大阪12区の補欠選挙は公選法の規定により、
来年(2019年)4月に実施される見通しだ。

関西大卒。

父・北川石松元環境庁長官の秘書を経て2000年の衆院選に立候補。

落選したが、
03年に比例近畿ブロックで繰り上げ当選した。

第2次安倍内閣で環境副大臣を務めた。

旧山東派に所属し、
17年に麻生派へ合流した。

同紙が報じている通り、北川議員は67歳で死去されました。

今回は、自民党の副幹事長を務めた北川知克議員について調べてみました!

北川知克が死去!死因は病気?「痩せた」との声あり

突然の訃報が伝えられた北川議員ですが、気になるのが死因です。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

そこで、北川議員の死因を調べてみたものの、現在の時点では詳細は明かされていなかったのです。

恐らく、彼の死因は一部の関係者にしか伝えられていないものと思われます。

ただ、過去には病気で入院していたことがあるようです。

しかし、
最も驚いたのは北川先生が「やせて」いたことでした。

入院されていたのは存じ上げていましたが)

「先生、、、、、やせましたね、、。」

と、話すと

「丸坊主もいいが、
君も痩せなあかんぞ、、先生。」

と、、、、、
笑顔で語ってくださいました。

(握手の手も細く、涙が出そうになりました、、。)

※「枚方市議会議員 田口よしのり議会報告」より引用
(2011年10月31日投稿)

このブログによると、当時の北川議員は別人のように激やせしていたようです。

この時は入院もしていたわけですが、詳しい病名は現在でも明かされていませんでした。

ただ、一般的に「激やせ=癌」というイメージが定着しています。

鴻池 祥肇(こうのいけ よしただ)議員が死去された際にも「痩せた」との声が複数上がっていたため、「癌」疑惑が浮上する事態となりました。

また、鴻池議員の場合は「顔が変わった」との声も上がっていました。

癌患者は抗がん剤治療の影響で顔が丸くなる「ムーンフェイス」という副作用が現れます。

白血病と闘病している大塚範一アナの顔が変わったのは、この抗がん剤治療の副作用が理由です。

しかし、北川議員については「痩せた」という声のみで、「顔が変わった」という声はありませんでした、

ただ、体重の減少は癌以外でも見受けられるため、「痩せた=癌」と判断することは早計です。

北川知克に嫁・息子あり

北川議員の家族を調べたところ、奥さん3人の息子に恵まれていることが分かりました。

生年月日:昭和26年11月8日

出  身:大阪府寝屋川市生まれ

家  族:妻、息子3人

趣  味:弓道、読書、旅行

座右の銘:報恩感謝

※公式サイトより引用

ただ、家族の素性は公表されていないため、名前や顔写真は不明です。