【読み方↓】川畑和愛はN高校だが中学はどこ?プロフィールも

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は川畑和愛選手を取り上げます。

読み方:かわばた ともえ

フィギュアスケート選手として活躍する川畑選手ですが、彼女の話題がYahoo!ニュースに取り上げられ世間の注目を集めています。

■「ジャンプがスケーティングの中に溶け込んでいるような演技を」
 
シニア1年目から大活躍の紀平梨花が小学生の頃に経験し、
夢を膨らませるきっかけとなった「花束ガール」。

ノービスクラス時代、
「花束ガール」の代表として15年世界フィギュアスケート国別対抗戦の公式プログラムに登場し、
トップスケーターたちを間近で見ながら
世界に羽ばたく日を夢見ていた川畑和愛(ともえ)(16歳=N高東京)が、
このほど19年世界ジュニア選手権の日本代表に選ばれた。

6歳の時、
テレビで見たフィギュアスケートにあこがれてスケート教室に通い始めた頃から一貫して持ち続けているのは、スケーティングで魅せたいという思い。

カロリーナ・コストナー(イタリア)を理想像として掲げる川畑には、
「ジャンプがスケーティングの中に溶け込んでいるような演技」で世界に羽ばたきたいという思いがある。

(2018年12月31日掲載)

今回は、今後の活躍が期待されている川畑和愛選手について調べてみました!

スポンサーリンク

川畑和愛のN高校はどんな学校?プロフィールあり↓

川畑選手のプロフィールがこちらです。

【区分】
強化選手B

【生年月日】
2002年01月12日

【身長】
157cm

【所属】
N高東京

【コメント】
観に来てくださる方に感謝し、
応援を力に変えて頑張ります。

よろしくお願いします。

【趣味】
和菓子、散歩

※「日本スケート連盟」より引用

生年月日:
2002年1月12日(16歳)

出生地:
愛知県日進市

身長:
158 cm

コーチ:
都築章一郎
都築奈加子

※Wikipediaより引用

「N高校東京」という学校に在学している川畑選手ですが、一体、この高校はどんな学校なのでしょうか?

実は、この高校は「角川ドワンゴ学園」が運営しており、ネットを利用した”通信制高校”なのです。

2019年4月には「N中等部」の開校も予定されていますが、基本的な指導内容はN高と同様です。

国語・数学・英語はN高でも使われている「N予備校」という映像授業に基づいた学習アプリで学ぶ。

小学校の復習から大学受験レベルまで幅広く対応しているため、
自身のペースで勉強できるのが特徴だ。

理科と社会は担任のサポートを受けながら自主学習することになるが、
代わりにプログラミングやマインドフルネス、
ボーカロイドの楽曲制作やKADOKAWAグループの強みを生かした文芸小説創作など、
個性的な授業が用意されている。

※「BUSINNES INSIDER JAPAN」より引用
(2018年9月14日掲載)

スポンサーリンク

川畑和愛の出身中学はどこ?

N高に在学していることが分かった川畑選手ですが、出身中学はどこなのでしょうか?

そこで、彼女の中学校を調べてみましたが、現在までに具体的な学校名は公にされていませんでした。

ただ、彼女は愛知県 日進市 出身であるため、恐らくは県内の中学に通っていたと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪