【彼女と結婚】岸田行倫の嫁は誰?ケガで年俸ダウン

あの人の収入(年収・年俸)はいくら?

こんにちは。IVEです!

今回は岸田行倫(ゆきのり)選手を取り上げます。

「読売ジャイアンツ」では捕手として活躍している彼ですが、ここに来て彼女と結婚していたことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年1月5日に配信された「スポーツ報知」は次のように報じています。

巨人の2年目、岸田行倫(ゆきのり)捕手(22)が結婚したことが4日、分かった。

お相手は大阪府出身の一般女性(22)。

大阪ガス時代から約2年の交際を経てゴールインを果たした。

「今年(2019年)は本当に勝負の年。

より責任感を持って頑張らないといけないです」

と激しい捕手戦争を勝ち抜く決意を示した。

知人の紹介で出会った。

「いつも笑顔で前向きなところにひかれました」

と好印象を抱いた。

「常に一番に応援してくれて、一緒にいて楽しい。
落ち着きます」

と結婚を決意。

昨年(2018年)7月に婚姻届を提出した。

当時、チームはシーズン中で、
自身にとっても大事な時期だったため公表は控えたという。

昨年12月中に川崎市内のジャイアンツ寮を退寮。

現在は神奈川県内で新婚生活を送っている。

同紙が報じている通り、岸田選手は2018年7月に結婚していました。

今回は、一般人女性との結婚が報じられた岸田行倫選手について調べてみました!

岸田行倫が結婚した彼女は誰?目撃情報は?

結婚していたことが明らかになった岸田選手ですが、結婚相手は誰なのでしょうか?

奥さんは一般人であるため、詳しい素性(名前・顔写真)は公表されていません。

そこで、彼のプライベートを調べてみたものの、彼女の目撃情報は1件も寄せられていませんでした。

噂レベルの情報すら寄せられていないため、ファンですら彼女(妻)の存在は把握していなかったのでしょう。

岸田行倫がケガで年俸ダウン!現在までの推移↓

2018年にプロ入りを果たした岸田選手の年俸推移がこちらです。

2019年
1080万円
読売ジャイアンツ

2018年
1200万円
読売ジャイアンツ

※「グラゼニ」より引用

デビュー年よりも年俸がダウンしていますが、これは岸田選手のケガ(故障)が原因だったのです。

巨人岸田行倫捕手(22)が19日、
契約更改を行い、
120万円減の1080万円(金額は推定)でサインした。

「スタートダッシュでけがをしてしまったので、
戦う土台にできていなかった。

1年間戦う土台を作って、
しっかり1軍の戦力になりたい」

と話した。

※「日刊スポーツ」より引用
(2018年11月19日配信)