【山口真帆事件】揉み消し+隠蔽は加藤美南の父親が関係?北川丈が新潟警察を挑発

世間の声や評価・評判

こんにちは。IVEです!

山口真帆さんの告発を受けて大炎上に見舞われているNGT48および今村悦朗支配人ですが、現在でも運営による誠意の謝罪はありません。

実行犯黒幕については既に複数の名前が浮上しており、ネット上では半ば”特定”された状況にあります。

■実行犯(1)北川 丈

■実行犯(2)笠井宏明

■間接的に関与:稲岡 龍之介

■黒幕:太野彩香

今回の一件は依然として公式報道されていないため、犯人の名前や顔写真は公表されていません。

しかし、事件が表沙汰にならない理由として”あるメンバー”の存在が指摘されています。

それが、加藤美南さんです。

一体なぜ、加藤さんに疑惑の目が向けられたのでしょうか?

今回は、運営による事件の揉み消し・隠ぺい工作が行われている『山口事件』について調べてみました!

スポンサーリンク

山口真帆事件が揉み消し+隠ぺいされているのは加藤美南の父親が原因?

逮捕された北川と笠井は不起訴になり、事件が明るみに出ることはありませんでした。

一説では、運営が山口さんを説得し告訴を取り下げさせたと噂されていますが、真相は不明です。

しかし、ファンの間ではこれとは別に”新たな可能性”が浮上しているのです。

それが加藤美南さんの父親と大きく関係していました。

実は、彼女の父親は「株式会社 新宣」の社長である「加藤竜司」さんと噂されているのです。

新潟県では知らない人はいないほど有名な企業ですが、この会社は新潟県警のスポンサーも務めているのです。

そのため、ファンの間では、運営だけではなく警察も事件の揉み消し及び隠ぺいを行っていると疑っているというわけです。

ただ、起訴・不起訴を決定する権限があるのは「検察」であり「警察」ではありません。

しかし、警察は検察に対して「処分意見」を付すことができます。

この処分意見には以下の4種類が存在します。

※「泉 総合法律事務所」より引用

処分意見に法的な拘束力はありませんが、それでも警察は検察に対して起訴を求めることができるのです。

もし、新潟県警がスポンサーである新宣の顔を立てたのであれば、あえて寛大な処置を検察に送付した可能性もあり得ます。

スポンサーリンク

北川 丈が「新潟県警はガチで弱ぇよ」と発言!動画あり↓

ネット上では北川が新潟県警を挑発する動画が出回っています。

この動画の中で北川は「新潟県警はガチで弱ぇよ」と発言しています。

また、北川の強気な姿勢からは「自分には絶対に歯向かえない」という意識すら感じ取れます。

もしかしたら、北川の背後には大きな組織が存在するのかもしれません。

【最新版】事件の相関図

その後も有志による捜査が続いており、事件への関与が疑われる人物の相関図が更新されています。

相関図については最新版が更新され次第、追記させて頂きます。

今村悦朗が退任!早川麻依子(新支配人)+岡田剛(副支配人)の画像や経歴は?

人事異動により今村悦朗氏の退任が発表され、早川 麻依子氏が新支配人に就任することが決定されました。

また、副支配人には岡田 剛氏が就任します。

2人の詳細についてはこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪