【死去】市原悦子の現状↓放送禁止用語では何て言った?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は市原悦子さんを取り上げます。

ドラマ「家政婦は見た!」で知られる彼女ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

市原さんの死去について2019年1月13日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

2時間ドラマ「家政婦は見た!」などで知られる演技派女優の市原悦子さんが12日午後1時31分に心不全のため死去したことが13日、分かった。

82歳だった。

市原さんは16年11月に自己免疫性脊髄炎のため都内の病院に入院し、
以降、芸能活動を休業した。

17年2月にはリハビリ専門病院に転院し、
退院した後は都内の自宅でリハビリに励んでいたが、
思うように回復せず、
同11月には出演予定だったNHK大河ドラマ「西郷どん」のナレーションを降板した。

しかし、昨年(2018年)3月、
NHK「おやすみ日本 眠いいね!」内で担当するコーナー「日本眠いい昔ばなし」の朗読を自宅で収録。

亀が人里へ助けを求めに行く「亀の使い」の話で、
動物たちの声を6種類の声色で演じた。

以降、
月1回のペースで同番組の声だけの収録を自宅で行ってきた。

最後まで女優として仕事を貫き通した。

同紙が報じている通り、彼女の死因は心不全でした。

今回は、82歳で死去された市原悦子さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

市原悦子が死去!生前の病気の現状は?

心不全により死去された市原さんですが、晩年の彼女は決して健康とは言い難い状況でした。

2016年には「自己免疫性脊髄炎」を公表し芸能活動を休業。

休業中は病気の治療に専念していたものの、2017年の現状報告では「復帰は当分難しい」と明かされていたのです。

当時の現状について「ORICON NEWS」は次のように報じています。

また、
舞台あいさつ後にマネージャーの熊野氏は市原の現状を説明。

2月に転院し、
現在はリハビリ専門の病院にいるといい

「徐々に歩けるようになってきた」

と報告。

一方で

「(しびれのあった)手足をリハビリしないと。
まだ満足に回復していない」。

市原は5月をめどに退院するが、
リハビリは継続していく。

仕事については

「いっぱいあるんだけど、
自己免疫性というのは気をつけないと、
いつ再発するかわからない。

ですから本当によくなってから仕事をしてもらいたい。

免疫も落ちていることを考えると、
すぐに仕事というわけにはいかない。

当分、難しいと思う」

と復帰時期を定めずに回復を待つ。

病室では

「元気です。普通に会話もできるし」

という。

「僕らも早くよくなってほしい」

と熊野氏は願っていた。

(2017年3月14日配信)

同紙が報じている通り、当時の市原さんは元気でしたが、免疫が低下していたため、すぐに復帰するわけにはいかない事情があったようです。

スポンサーリンク

市原悦子が放送禁止用語!何て言った?

2015年、市原さんがある番組に出演した際、放送禁止用語を口にしたことで世間の注目を集めたことがありました。

一体、彼女は何と発言したのでしょうか?

そこで、放送禁止用語発言について調べたところ、以下の事実が判明したのです。

市原さんは2015年5月22日に放送された「あさイチ」にゲスト出演。

続けて、
一番好きな話は「やまんば」だとし、

「私のやまんばの解釈は世の中から外れた人。

たとえば『かたわ』になった人、
人減らしで捨てられた人、
外国から来た『毛唐』でバケモノだと言われた人」

と発言。

世間から疎外され、
山に住んでいた人たちが「やまんばの原点」になったと思うと説明した。

※「J-CASTニュース」より引用
(2015年5月23日配信)

上記の通り、確かに市原さんは放送禁止用語を口にしていました。

しかし、それは決して差別意識から発せられたものではなかったのです。

ところが、番組では放送禁止用語について謝罪する一幕がありました。

しかし番組の終盤、
有働由美子アナが、

「さきほどのコーナーで『かたわ』『毛唐』という発言がありました。

体の不自由な方、
外国人の方を傷つける言い方でした。

深くお詫びします」

と謝罪。

するとツイッターなどネットには番組の対応を疑問視する意見が相次いだ。

「『当時差別された人』の文脈で使ってるんでまったく問題ないと思う」

「昔話の解釈にちなみ、
あえて使った表現だろう。
綺麗な表現に置き換えたら、本質が伝わらない」

「番組は見たけれど、
悪意が無い分さほど気にならなかった」

など、
あくまで「表現の一手法」「悪意はない」とする意見が多かった。

また有働アナの謝罪後、
市原さんの表情がこわばっていたと指摘する声があり、
同情する書き込みも目立った。

ネットの反応を見れば一目瞭然のように、番組の対応を疑問視する声が多数を占めており、市原さんを擁護する声が数多く上がっていました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪