【ゴシップ記事↓】長崎幸太郎知事が週刊新潮の餌食に!嫁の学歴+Facebook

あの人の高校・大学はどこ?

こんにちは。IVEです!

今回は長崎 幸太郎氏を取り上げます。

山梨県知事選挙に出馬していた長崎氏ですが、開票の結果、彼の初当選が確定しました。

しかし、その喜びも束の間、父親の訃報が伝えられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年1月28日に配信された「朝日新聞DIGITAL」は次のように報じています。

当選確実となり、万歳をした長崎氏は直後の27日深夜、
父が危篤という知らせを受け、
急きょ東京の病院へ向かった。

がんで闘病中だったといい、
28日未明ごろ亡くなったという。

長崎氏は取材に対し、

「理解できたかはわからないが、
当選の報告をすることができた」

と悲しみをかみしめるように話した。

29日は県庁で当選証書を受け取る予定だったが、
喪主としての準備で出席できない可能性がある。

長崎氏の父は東京で布の卸売業を営んでいた。

長崎氏が小学4年生のころ、
レストランに入った際、
父から

「ここはお金持ちが来るところだからね」

と言われたという体験談は、
子ども心に経済格差を感じ、
政治家を志す動機として長崎氏がたびたび語っていた。

同紙が報じている通り、長崎氏の父親は以前から癌で闘病していたようです。

ただ、具体的な病名については明かされていませんでした。

今回は、父親を癌で亡くした長崎 幸太郎氏について調べてみました!

長崎幸太郎にゴシップ?週刊新潮の記事がこちら↓

山梨県知事に就任する長崎氏ですが、過去には”ある疑惑”を報じられたことがありました。

実は、「週刊新潮」(2016年3月31日号)に「ソー〇通い」および「秘書との不倫」疑惑が掲載されたのです。

一連の疑惑は、長崎氏の後援者であった高山 浩(仮名)という人物からの情報提供がきっかけです。

問題の記事がこちらです。

■ソー〇通い疑惑

「長崎さんの女好きは、地元では有名な話です。

後援会の青年部の人たちを誘い、
時には一人で、吉原によく遊びに行っていました」

実際、何度か長崎氏に誘われ、
吉原に行ったという元後援会幹部は、

「長崎先生は05年に初当選した頃からソー〇通いをしていました。

よく行っていたのは吉原の『ヴィーナス』という店ですね。

多い時は、
2カ月に1回は行っていたと思います。」 

自分はまだ無名の代議士なので、
バレっこないと思っていたようだが、

「我々は、
せいぜい1回2万5000円くらいの普通のコースを選んでました。

一方、
長崎先生はいつも5、6万円のVIPコースでした。

さすがは国会議員なのでお金持ちだと思いました」

■秘書との不倫疑惑

「相手は、富士吉田の本部事務所に勤務していた30代後半の秘書です。

茶髪のロングヘアーでスタイルも良く、
男好きするタイプでした。

深夜コンビニで仲睦まじく買い物をする姿を見かけたとか、
男女の仲を疑わせるような話が度々、
私の耳に入るようになったのです」

「12年7月のある日、
長崎さんは支援者と大阪でゴルフをやると言って、東京の自宅を出た。

当日、
奥さんも東京駅まで見送りに行った。

ところが翌日、
彼女が長崎さんの携帯に電話すると、

『海外にローミング中です』

というアナウンスが流れたというのです。

不審に思って、
前から疑わしいと思っていた女性秘書の携帯にも電話すると、
同じく『海外……』との音声が聞こえてきた。

結局、
大阪でゴルフというのは嘘で、
秘書と二人で海外にいることがバレたのです」

智香子夫人は仰天し、
高山氏に慌てて電話してきたという。

それを受け、
高山氏(=告発者の仮名)は長崎氏に電話したが、

「私に対し、
彼は秘書と上海旅行しているとあっさり認めました。

怒りがわいてきたものの、
直ぐに秘書とは別々の飛行機で戻るよう長崎さんにアドバイスしました。

で、
実際、翌日帰国し、私の河口湖のホテルに現れた。

すると、
ロビーでいきなり

『どうすれば許してもらえますか』

と言い出し、土下座したのです」

しかし、長崎氏本人は一連の疑惑を真っ向から否定しています。

週刊新潮は告発者である高山氏の一方的な証言に基づいて記事を掲載しているため、これらの疑惑は信憑性に欠けると言わざるを得ません。

根拠のないゴシップ記事に惑わされることなく、長崎氏には知事としての役職を全うして欲しいところです。

嫁:智香子の学歴がすごい!Facebookあり

長崎氏は東京大学(法学部)を卒業したエリートですが、奥さんの智香子さんも同じくエリートだったのです。

奥さんのFacebookがこちらです。

なんと、奥さんは「ハーバード大学 医学大学院」を卒業していたのです。

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪