【Facebook↓】有安杏果の結婚相手は児島直樹医師?あんずクリニック院長

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

2019年2月6日のツイートで”結婚前提”の彼氏を明かした有安杏果さんですが、ここに来に交際相手を特定し得る”有力な手掛かり”が報じられました。

その手掛かりについて「デイリー」は次のように報じています。

関係者の話を総合すると、
お相手は都内でメンタルケアを専門とするクリニックを経営。

有安以外の有名アーティストの相談も受けているという。

開業は10年以上前(2009年)だが、
「杏」を思わせる病院名の“運命の相手”。

有安とはグループ活動中から親交があり、
脱退の際にも助言していたとみられる。

(2019年2月7日配信)

上記の通り、交際相手が経営する病院は「杏」を思わせる名前のようです。

この情報がきっかけとなり、ネット上では”ある人物”の名前が浮上する事態となっているのです。

スポンサーリンク

有安杏果の結婚相手は「あんずクリニック」の児島直樹医師?

有安さんの結婚相手として疑惑の目が向けられているのが、児島直樹医師です。

実は、彼が経営する病院の名前があんずクリニック」なのです。

「あんずクリニック」という名前は、「デイリー」が報じた「杏を思わせる病院名」という報道に一致します。

そして、さらに児島医師の年齢も48歳なのです。

「杏を思わせる病院名」に加え、年齢までも一致していることから、有安さんの交際相手が児島医師である可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

児島直樹医師の経歴↓Facebookあり

「あんずクリニック」に掲載されている児島医師の経歴および学歴がこちらです。

【平成十五年】

東京医科大学 医学部卒業

・田附興風会 医学研究所 北野病院 勤務

・大阪大学 大学院 医学系研究科

・精神医学教室 入局

・大阪大学 医学部附属病院 勤務

【平成十七年】

・国立精神・神経医療研究センター 勤務

あんずクリニック院長

・現在に至る

児島医師によると、彼の出身地は大阪府のようです。

―新高円寺という町で開業したのはなぜでしょうか。

私自身は大阪の出身ですが、
学生の頃からこのあたりにはなじみが深く、
地理にも詳しかったので、この町に開業しました。

今から5年前(2008年)のことです。

※「Doctors File」より引用
(2013年1月31日取材)

さらに、本人のSNSを調査したところ、Facebookアカウントが確認されました。

やんちゃな医師です。

仕事が中心の生活で、日々楽しくやっています。

Your time is limited,
so don’t waste it living someone else’s life

人生の時間は限られていて、
限られた時間の中で何ができるか?

精一杯大切に生きてます。

ただ、このFacebookでは私生活に関する投稿は存在していないため、児島医師のプライベートまでは把握できていません。

有安杏果の独立は児島直樹医師の陰謀だった?

2018年に芸能界を引退した際、有安さんは今後の予定について「具体的には何も決まっていません」とコメントしていました。

しかし、彼女の個人事務所である「アプリコット」の登記を見ると、2017年頃から独立を画策していたことが判明したのです。

つまり、有安さんは2017年頃から既に独立に向けて水面下で動いていたということになります。

ただし、これは彼女の独断ではないでしょう。

「アプリコット」の代表に”彼氏”が就任していることから、恐らくは児島医師が策動していたと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪