【癌】八千草薫の若い頃の写真↓夫の死因は?子供はいる?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は八千草 薫さんを取り上げます。

現在は女優として活躍する彼女ですが、かつては宝塚歌劇団に在籍していました。

女優の第一線で活躍し続けているものの、ここに来て癌を公表し世間の注目を集めています。

このことについて2019年2月9日に配信された「スポーツ報知」は次のように報じています。

女優の八千草薫(88)が、昨年(2018年)がんの手術を受け、
闘病中であることが8日、スポーツ報知の取材で分かった。

複数の関係者の話を総合すると、
一昨年(2017年)12月の人間ドックですい臓にがんが見つかった。

翌年(2018年)1月に約7時間かけて摘出手術を受けていた。

抗がん剤治療と定期検診を続ける中、
今年(2019年)に入って肝臓付近にがんが見つかった。

本人は責任感が強く
治療を後回しにしてでも仕事続けたい希望を伝えたという。

しかし、
医師から治療に専念することを勧められ、納得したという。

小柄な八千草は山登りを趣味にするなど足腰も強く、
これまで仕事を病気で休んだことはほとんどない。

上記の通り、八千草さんは「すい臓がん」を患っていました。

ただ、術後は良好のようです。

今回は、人知れず癌の闘病をしていた女優・八千草 薫さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

若い頃の八千草薫が超美人!当時の写真あり↓

現在でも十分に美しい八千草さんですが、ネット上では若い頃の写真が出回っており、「美人」「かわいい」と絶賛されています。

若い頃の写真がこちらです。

また、こちらは宝塚時代の写真です。

現在の女優や声優も綺麗な方が多いですが、若い頃の八千草さんも勝るとも劣らないほどの美貌を誇っています。

スポンサーリンク

夫:谷口千吉の死因は?子供はいる?

私生活では映画監督の谷口千吉さんと1957年に結婚されています。

しかし、当時の谷口さんには家庭があり、若山セツ子さんと結婚していました。

ところが、仕事で共演した八千草さんと不倫関係に発展し、これが原因で離婚しています。

初監督作品の『銀嶺の果て』の撮影現場で知り合った当時20才の清純派スターの若山セツ子と1949年に電撃結婚をしたが、1956年に撮影現場で知り合った八千草薫と不適切な関係になり若山と離婚した。

※Wikipediaより引用

つまり、八千草さんは”略奪婚”で谷口さんと結婚したことになります。

谷口さんは3度の結婚歴があり、若山さんとは2度目の結婚(再婚)だった。最初の妻は女優の水木洋子さん。

婚姻期間:1938年~1939年

八千草さんと谷口さんの結婚式の写真がこちらです。

不倫を経て結婚した2人でしたが、子供はいなかったようです。

ちなみに、谷口さんは2007年に死去されており、それ以来、八千草さんは独りで暮らしています。

95歳で亡くなった谷口さんの死因は「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」でした。

女優の八千草薫(本名・谷口瞳)さん(76)の夫で映画監督の谷口千吉さんが10月29日午前9時39分、誤嚥性肺炎のため
都内の病院で亡くなっていたことが31日、分かった。

※「スポーツ報知」より引用
(2007年11月1日配信)

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪