【顔面チョコ】画家:棚村彩加の年齢↓Facebookから高校+大学が判明

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は棚村彩加さんを取り上げます。

フリーランスの画家として活動している彼女ですが、全国区の知名度はありません。

しかし、ここに来て”ある話題”が取り上げられ世間の注目を集めています。

「もうすぐバレンタインですね 

以前私は当時の彼ぴっぴに顔面チョコレートをあげたことがあります。

2カ月後に別れました」

――というツイートで話題を呼んでいるのは、画家の棚村彩加(@Keko_Art)さん。

――SNSでは大反響ですが、
なぜ“顔面チョコレート”を作ってみようと思ったのでしょうか。

棚村:このチョコレートを作ったのは彼の誕生日でした。

当時彼は25歳で、

「25年も生きてきたら普通のプレゼントでは喜ばないだろうなぁ」

と考え、
顔面チョコレートにたどり着きました。

――制作期間や使用したチョコレートの数量などは覚えていますか。

棚村:石こうのライフマスクを作るのに1日、
食用のシリコンでライフマスクの型を取るのに1日、
チョコレートが固まるまで半日かかりました。

合計で2日半です。

チョコレートは業務用のホワイトチョコレートを400グラムほど使用しました。

――想像していたよりも大変ですね。

当時の彼氏さんの反応はいかがでしたか。

棚村:どこから食べたらいいのか困惑していました。

――また顔面チョコレートを作ろうと思われますか。

棚村:顔面チョコや顔面プリンは既に作ったので、
次は顔面杏仁豆腐を作りたいなぁと思います。

ある意味、”狂気”すら感じさせる顔面チョコですが、これこそが彼女の愛情表現だったのでしょう。

今回は、顔面チョコで話題を集めている画家・棚村彩加さんについて調べてみました!

顔面チョコの画家:棚村彩加の年齢は〇〇歳

「ねとらぼ」の記事では棚村さんの年齢に関する言及はありませんでした。

そこで、彼女の生年月日を調べたところ、以下の情報が得られたのです。

1995年6月28日に生を受け早22年、
あと何回 桜を見ればいいのだろう。

あと何回お正月をお祝いすればいいのだろう、
あと何回・・・悲しいことを経験すればいいのだろうと感じていた。

※「田舎フリーランス養成講座」より引用
(2018年4月19日掲載)

この生年月日を踏まえると、彼女の年齢は23歳ということになります。
(2019年1月現在)

問題の顔面チョコをプレゼントした彼氏は25歳(当時)であるため、棚村さんは年上の男性と交際していたことになります。

Facebookから高校・大学名が判明

本人のSNSを調べたところ、Facebookアカウントが確認されました。

上記の通り、棚村さんは「岐阜県立 加納高校」卒業後に「東京藝術大学」に進学しています。

大学時代には「ミス藝大2016」というイベントに出演しており、その様子がYouTubeにアップされていました。

ちなみに、現在でこそ画家として活動している彼女ですが、高校時代は「ハッピーデリバリー」というお笑いコンビを結成していたのです。

■お笑いコンビ「ハッピーデリバリー」

実は2年間ほどお笑い芸人をしていました。

ハイスクール漫才で賞をいただいたきり、
相方と喧嘩になってやめてしまいました。

ボケの私がひたすらに叫ぶ狂気の漫才でした。

※公式サイトより引用