【死去】堺屋太一のプロフィール↓嫁は画家の池口史子で子供はいる?

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は堺屋太一さんを取り上げます。

「団塊の世代」という言葉を生み出した彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

堺屋さんの死去について2019年2月10日に配信された「KYODO」は次のように報じています。

経済企画庁長官などを歴任した作家の堺屋太一氏が
8日午後8時19分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去したことが10日、
関係者への取材で分かった。

83歳。
大阪府出身。

上記の通り、彼の死因は「多臓器不全」でした。

今回は、「団塊の世代」の”生みの親”こと堺屋太一さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

死去した堺屋太一のプロフィール↓

多臓器不全で死去された堺屋さんのプロフィールがこちらです。

■プロフィール
 
東京大学経済学部卒業(1960年)後、通商産業省入省。

日本万国博覧会を担当したり、
沖縄開発庁に出向中は沖縄海洋博を手掛けた。

1978年に退官。

作家として予測小説手法を開発、
「油断!」「団塊の世代」「平成三十年」等のベストセラーのほか
歴史小説「巨いなる企て」「峠の群像」「豊臣秀長」等を執筆。

また、
1985年に出版した経済理論「知価革命」は世界8カ国語に訳され国際的評価を得ている。

(財)アジアクラブ理事長、
中央省庁等改革推進本部顧問、
国会等移転審議会委員、
政府税制調査会委員、
阪神・淡路復興委員会委員などを歴任。

1998年7月より2000年12月まで経済企画庁長官を務める。
 
現在、
内閣特別顧問、
東京大学先端科学技術研究センター客員教授、
早稲田大学大学院ファイナンス研究科客員教授。

※「https://www.kantei.go.jp」より引用

堺屋さんの学歴については、「東京大学 工学部」に入学後、「東京大学 経済学部」に転入していることが分かりました。

スポンサーリンク

嫁は画家の池口史子!子供はいる?

堺屋さんの私生活を調査したところ、1975年に結婚していることが分かりました。

奥さんは池口史子(ちかこ)さんと言い、現在でも現役の画家として活躍されています。

史子さんの写真がこちらです。

※「ふぎ美術展」より引用

奥さんの存在については判明したものの、子供(息子・娘)の情報は一切得られていません。

両者のWikipediaでも子供に関する記述は存在しておらず、以下のサイトでも子供の情報は掲載されていませんでした。

※「家系図」より引用

このことから、子供はいない可能性が高いと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪