【若い頃】白石まるみの現在と旦那画像↓娘:守永真彩と津村明秀は似てる?

気になるアノ人の家族

こんにちは。IVEです!

今回は『白石まるみ』さんを取り上げます。

1980年代にはアイドルとして活躍した彼女は、”ニャンちゅう”の初代パートナーとしても有名です。

現在でも十分に美しい白石さんですが、若い頃は更に美人だったのです。

アイドルだけではなく、女優や歌手としても活躍する白石さんですが、ここに来て彼女の歌がAmazonランキングで1位に輝いたことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年2月11日に配信された「スポーツ報知」は次のように報じています。

女優の白石まるみ(56)が10日午後3時発表の「Amazon歌謡曲・演歌の新着ランキング」で1位を獲得した。

白石も

「発表を見て、驚きました。

まさか、瞬間でも1位になるなんて。

ベスト10にでも入ってくれたらいいなという程度しか思ってなかった」

とコメントした。

同曲は白石自身が作詞も担当。

得意の「どうぶつ占い」を織り込み、
幼児から大人まで楽しめる“和ディスコ歌謡”に仕上がっている。

実は、白石は小泉今日子や中森明菜、
松本伊代、早見優、堀ちえみといった「アイドル花の82年組」で、
現在は生島企画室所属。

事務所オーナーでフリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)は、

「僕が予言したように、
大みそかの紅白にまた一歩近づきました。

年末に向けて、楽しみです」

と喜んだ。

今回は、Amazonランキング1位に輝いた『白石まるみ』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

白石まるみの旦那は建築家の南川芳広

私生活では2度の結婚歴があります。

1度目の結婚は白石さんが28歳の時。

最初の夫は会社を経営する一般人でした。

”デキ婚”だったため、この時に第一子(娘)が誕生するものの、31歳の時に離婚。

詳しい離婚理由は明かされていませんが、2007年までhシングルマザーとして娘さんを育ててきました。

しかし、2008年に1歳年下の男性と再婚します。

再婚相手は建築家の南川芳広さんで、共通の知人を通じて出会い、約半年(6ヵ月)の交際期間を経て結婚に至りました。

■南川芳広

「主人いわく『一目惚れ』。

3、4回目のデートの時に

『結婚しよう!』

とプロポーズされました。

でも道端で歩きながら…。

ちっともロマンチックではなかったんですよ(笑)」

2年前(2008年)といえば、
真彩さん(娘)は高校2年。

難しい年頃だ。

再婚を最初に話したとき、
どのような反応だったのか?

「『ママは男を見る目がないから、真彩が直接会って決める!』って(笑)。

そして3人で会った際、
私に席を外させて

『ママを幸せにすると約束してください』

と直談判。

どっちが親かわかりませんよね」

※「zakzak by 夕刊フジ」より引用
(2010年10月5日配信)

娘の真彩さんは母親の再婚を拒むことなく、むしろ応援していました。

スポンサーリンク

白石まるみと守永真彩は親子!娘は津村明秀に似てる?

娘さんの真彩さんは、現在、グラビアアイドルとして活動しています。

また、母親と「WM」(ダブル エム)というお笑いコンビを組み、「キングオブコント2016」にもエントリーしています。
(※予選敗退)

まだまだ有名とは言い難い真彩さんですが、ネット上では「津村明秀騎手と似てる」と話題になっていました。

顔立ちが似ていることから、一部では「兄妹」説が指摘されているものの、これは誤りです。

先述した通り、白石さんの子供は、前夫との間にできた真彩さんしか存在していません。

現在の仕事が明らかに

2019年現在でもタレント活動を続けている白石さんですが、彼女の姿を目にする機会は多くありません。

現在、どんな仕事をして生計を立てているのでしょうか?

そこで、現在の仕事を調査したところ、3つのアルバイトを掛け持ちしていることが判明したのです。

白石は生活費を稼ぐためバドミントンの先生のバイトをしている。

都内にあるマンションではインド式ヘッドケアのマッサージも行っている。

3つ目のバイトが「動物占い」

資格を持っており占いの基本となる四柱推命の授業を行っている。

バイト3つ分、合計5日間の収入は15万円。

さらに心理学本「Animalogy」も発売

Amazon占い本部門デイリーランキングで1位を獲得するなど儲かっている。

※「爆報!THEフライデー」より引用
(2018年3月30日放送)

芸能活動こそ少ないものの、彼女は堅実な仕事で収入を得ているようです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪