【痩せた理由】堀ちえみが癌⇒ステージ4の余命↓リウマチの薬で顔がパンパン?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は『堀 ちえみ』さんを取り上げます。

かつてはアイドル歌手として一世を風靡し、現在ではタレントとして活躍している彼女ですが、ここに来て癌であることを公表し世間を騒然とさせています。

このことについて2019年2月19日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

タレントの堀ちえみ(52)が19日、
自身のブログでがん闘病中であることを公表した。

口腔がんでステージ4であることを告白し、

「かなり厳しい状況です」

などとをつづり、
治療に専念することを明かした。

上記の通り、彼女はステージ4の「口腔がん」を患っていたのです。

具体的な容体こそ明かしていないものの、「厳しい状況」という表現から、体調が思わしくないことが分かります。

この一件の動画ニュースがこちらです。

今回は、ステージ4の口腔がんを公表した『堀 ちえみ』さんについて調べてみました!

堀ちえみが口腔がんに!ステージ4の余命(生存率)は○○%

ステージ4の口腔がんを公表した堀さんですが、ネット上では余命(生存率)に大きな関心が集まっています。

そこで、口腔がん(ステージ4)の余命を調査したところ、約45%であることが判明したのです。

■がん研有明病院

口腔がんの中で最も多い舌がんの5年全生存率は、

I期:91%、
II期:80%、
III期:65%、
IV期:45%です。

■中津川市民病院

口腔がんの場合、早期に発見できれば、生存率は90%以上を誇っています。

しかし、ステージ4まで進行してしまうと、その数値は50%以下にまで落ち込んでしまいます。

本人によると、異変を感じたのは2018年夏頃のこと

ただ、当初は「口内炎」と診断されたため、塗り薬しか処方されませんでした。

ところが、薬を塗っても一向に症状が改善されないことから、大学病院で再度診断を受けたところ、「悪性の舌癌」の可能性が示唆されたようです。

結果的にステージ4まで進行してしまったものの、早期に発見できなかったことが非常に悔やまれます。

日本の統計によると、国内では口腔がんが原因で毎年3,000人の方が亡くなれているようです。

体調の異変をいち早く察知するために、以下の動画で口腔がんの理解を深めることをオススメします。

※「鳥取県民チャンネルコンテンツ協議会」より引用

痩せた理由は癌だった?

今回の公表で癌であることが明らかになった堀さんですが、実は、一部からは「癌ではないか?」との声が上がっていたのです。

その理由が以下の写真です。

この写真に写る堀さんは、普段とは違って”スリム”になっています。

もともと体重変化が激しかった彼女ですが、急激に痩せたことで「癌」疑惑が浮上したというわけです。

口腔がんに限らず、癌患者は急激に体重が減少し、激やせします。

大腸がんで亡くなった俳優の今井雅之さんも、晩年は別人のように痩せてしまっています。

また、次項で説明する「ムーンフェイス」も癌の疑惑に真実味を持たせた一因となりました。

リウマチのステージは?薬の副作用で顔がパンパンに

癌患者には共通して「ムーンフェイス」という症状が現れます。

このムーンフェイスとは、抗がん剤治療の副作用により、顔が”満月”のように丸くなる現象です。

白血病を患っている大塚範一アナも、ムーンフェイスの症状が現れていました。

急激に痩せたことで癌疑惑が囁かれていた堀さんでしたが、実は、彼女にもムーンフェイスと思われる症状が現れていたのです。

抗がん剤治療の副作用として知られるムーンフェイスが彼女にも認められたため、ネット上では急速に癌疑惑が拡散されたというわけです。

ただ、堀さんは2017年にリウマチを公表しています。

リウマチのステージについては現在でも不明ですが、本人によると、”初期のリウマチ”とのこと。

そして今年(2017年)、
リウマチと神経障害性疼痛が判明。

幸いにもリウマチは初期で、
どちらの病気も薬で症状が治まっています。

※「AERA dot.」より引用
(2017年7月4日配信)

顔が浮腫んだ状態でテレビ収録に臨んだ堀さんでしたが、これはリウマチの治療薬による副作用だった可能性も考えられます。

いずれにせよ、最近の彼女が体調を崩していたことだけでは事実です。