【解散理由】元カナリア:芸人ボンの結婚相手は誰?安達健太郎の嫁画像↓

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は芸人の「ボンざわーるど」さんを取り上げます。

画像:左

旧芸名:ボン黒溝
本名:溝黒和昭

かつては安達 健太郎さんとコンビを組み「カナリア」として活動していたものの、2018年に解散。

現在ではピン芸人に転身したボンさんですが、ここに来て突然の結婚を公表し世間の注目を集めています。

このことについて2019年2月22日に配信された「トレンドニュース」は次のように報じています。

2月19日に生配信された「よしログ」にボンざわーるどが出演し、

「実はこのたび、2月12日に結婚しました」

と報告した。

おめでたい結婚報告のはずだが、
お笑いコンビ・ライセンスの井本貴史は、

「結婚した? えぇ?」

と困惑した表情。

というのもボンざわーるどは、
世界各国で婚活を行う“世界婚活”という企画の真っ最中だったのだ。

ラオス、ロシア、パプアニューギニアで結婚相手を探してきたボンざわーるどが結婚した相手は、
東京都世田谷区出身の35歳看護師の日本人女性。

出会った場所は、
お笑いコンビ・麒麟の田村裕らと行ったバーベキューだった。

しかも相手女性と知り合ったのは、
パプアニューギニアに渡る3日前で、
婚活中も相手女性と連絡を取っていたという。

井本が「ほんなら今までのなんやねん! 

俺が怒ってるんちゃう! 

パプアニューギニアを代表して怒ってるんや!」

とツッコミを入れると、
ボンざわーるどは、

「嫁を探しているといいながら、
(現在の奥さんと連絡を)取っていまして、
申し訳ございませんでした」

と頭を下げて、
世にも珍しい結婚報告直後の謝罪会見(?)を行った。

上記の通り、結婚相手は看護師の一般女性でした。

ただ、奥さんは一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は公表されていません。

今回は、結婚を発表した元カナリアの「ボンざわーるど」さんについて調べてみました!

カナリアの解散理由は○○だった

2018年に解散したカナリアですが、なぜ2人は別々の道を歩むことになったのでしょうか?

そこで、コンビの解散理由を調べたところ、「お笑いの方向性が違うこと」が原因だったのです。

解散の理由ついて、

「いつからか、2人の漫才性の違いが生じて。

擦り合わす事が出来ず。

ボンの中でこれ以上負けたくない。

という想いが募り。

その結果漫才師を卒業する事を選びました」

と記した。

※「ハフポスト」より引用
(2017年12月16日配信)

相方の安達さんによると、解散を切り出したのはボンさんだったようです。

ボケ担当の安達健太郎も、
同じブログでメッセージをつづった。

「数カ月前、相方のボン溝黒から、

『コンビを解散して、
この先はピン芸人として頑張りたい』

と言われました」

と、解散を切り出されたことを告白。

もしかしたら、ボンさんは安達さんを”相方”ではなく”ライバル”という認識で見ていたのかもしれません。

元カナリア(芸人)の安達健太郎も結婚していた!子供はいる?

今回の結婚発表で注目を集めているボンさんですが、実は、彼よりも一足先に安達さんは結婚していました。

彼が結婚したのは2011年の時。

お相手は一般人であるため、奥さんの素性(名前・年齢・顔写真)は現在でも明かされていません。

ただ、カナリア時代のブログでは結婚式の写真が掲載されていました。

気になる子供(息子・娘)についても調べてみましたが、奥さんの妊娠や出産が公表されていないため、子供はいない可能性が高いと思われます。

しかし、安達さんが敢えて家族の情報を公表していないことも十分に考えられます。

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪