【死因↓】脳卒中のルークペリーが死去!現在の息子は○○で活躍

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回はルーク・ペリーさんを取り上げます。

1990年から10年間放送された「ビバリーヒルズ青春白書」では”ディラン役”を演じ、世界的に有名な俳優となりました。

現在でも演技の第一線で活躍を続けていたルークさんですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2019年3月5日に配信された「読売新聞」は次のように報じています。

1990年代、
米西海岸に住む高校生や大学生の恋愛、銃など米国が抱える社会問題を描き、
大ヒットしたドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」「青春白書」で、
ディラン・マッケイ役を演じた俳優のルーク・ペリーさんが4日、
カリフォルニア州の病院で死去した。

52歳だった。

AP通信が報じた。

ペリーさんはドラマで、酒に溺れながらも、
甘いマスクで物語のカギを握るディラン役を好演した。

2月末、
ロサンゼルスの自宅で重度の脳卒中を起こし、
病院に緊急搬送されていたという。

同ドラマは、
リバイバルドラマが製作されることが発表されていた。
(ロサンゼルス支局)

上記の通り、ルークさんは52歳という若さで死去されました。

ただ、この記事では詳しい死因については一切言及されていません。

一体、彼の死因は何だったのでしょうか?

今回は、52歳で死去されたルーク・ペリーさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

ルーク・ペリーが死去!死因は脳卒中の合併症

2019年2月に重度の脳卒中に倒れたルークさんですが、彼の死因は脳卒中だったのでしょうか?

現在のところ、日本語のメディアでは詳しい死因には一切触れられていません。

そこで、英語圏のメディアを調べたところ、本人のWikipediaに以下の記述が確認されたのです。

Perry had a massive stroke
at his home in Sherman Oaks, Los Angeles,
on February 27, 2019.

He died from complications of the stroke on March 4.

この「complications」とは「合併症」を意味する英単語です。

つまり、彼の死因は脳卒中が直接的なものではなかったのです。

スポンサーリンク

息子:ジャック・ペリーの現在は○○

「VARIETY」が報じたところによると、ルークさんは家族に見守られながらこの世を去ったようです。

“[Perry] was surrounded by his children Jack and Sophie,
fiancé Wendy Madison Bauer,
ex-wife Minnie Sharp,
mother Ann Bennett,
step-father Steve Bennett,
brother Tom Perry,
sister Amy Coder,
and other close family and friends,”

his rep said in a statement.

上記の通り、生前の彼には「fiancé」(婚約者)がいたようです。

つまり、晩年のルークさんは独身だったということになります。

ただし、彼には「ex-wife」(前妻)がいたため、婚姻歴があります。

「Jack」(息子)と「Sophie」(娘)に恵まれていたルークさんですが、息子さんの現在を調べたところ、2017年にプロレスラーとしてデビューしていたことが分かったのです。

大人気青春ドラマ『ビバリーヒルズ高校/青春白書』のディラン役で知られるルーク・ペリー。

彼の19歳になる息子がレスラーデビューを果たし、
応援のためにルークが試合に駆けつけていたことが分かった。

※「TRILL」より引用
(2017年1月21日配信)

息子さんの写真および動画がこちらです。

ネット上では「父親の若い頃にそっくり」との声が数多く上がっていました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪