【死因:病気?】デストロイヤーが死去!マスクの下の素顔↓画像あり

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は、往年の名プロレスラー「ザ・デストロイヤー」さんを取り上げます。

本名:リチャード・ベイヤー

現役時代はジャイアント馬場や力道山などと死闘を繰り広げた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

デストロイヤーさんの死去について2019年3月8日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

力道山やジャイアント馬場のライバルとして知られる伝説の覆面プロレスラー、ザ・デストロイヤーさんが7日(日本時間8日)、亡くなった。

享年88歳。

同日に複数の米メディアが報じた。

元プロレスラーの息子カート・ベイヤー氏が自身のフェイスブックで報告したもので

「父のデストロイヤー、
ドクターXことディック・ベイヤーが今日正午すぎに亡くなりました。

自宅で子どもたち、
妻に囲まれながら平穏に去っていきました」

などとつづった。

デストロイヤーさんはここ数週間、病院のケアを受けていたという。

上記の通り、デストロイヤーさんは88歳で死去されました。

今回は、現在でも語り継がれる伝説のプロレスラーであるザ・デストロイヤーさんについて調べてみました!

ザ・デストロイヤーが死去!死因は病気?

88歳で死去されたデストロイヤーさんですが、気になるのはその死因です。

冒頭の日刊スポーツでは詳しい死因については一切言及されていませんでした。

そこで、彼の死因を調べてみたものの、現在の時点では英語圏のメディアでさえも、詳しい死因については一切言及されていなかったのです。

恐らく、デストロイヤーさんの死因は家族や関係者にしか明かされていないと思われます。

ただ、現在までに重大な病気を患っていたとする情報もないため、一部からは「老衰」の声が上がっていました。

マスクの下の素顔がこちら↓画像あり

マスク姿が印象的なデストロイヤーさんですが、彼がマスクを被った背景には以下の理由があったようです。

覆面をかぶったのは、
当時プロレスラーのライセンスを取得していなかったため、
大きな団体で試合をするには正体を隠す必要があったことと、
さまざまなスポーツ(アメフトだけでなく、野球、レスリングでも活躍していた)をやっていたせいで
前歯が折れていた事から、
素顔をさらすのに躊躇したためといわれる。

また、
素顔は優しい顔立ちの人物である事から、
マスクで隠す事でより迫力を出すためであったともされる。

空港でもマスクを外さず、

「ボク、デストロイヤー」

と言って搭乗口を出ようとしたこともあるほど素顔を露出しなかったといわれているが、
その一方で、
ゴルフ練習場では暑かったのかマスクをその場で脱いでクラブを振るなど、
よく分からない面もあった。

※Wikipediaより引用

上記の通り、マスクの下には優しい素顔が隠されているようです。

確かに、デストロイヤーさんの素顔を見ると、とてもプロレスラーとは思えないほど柔和な印象を受けます。

ただ、若い時は精悍な顔立ちで、爽やかなイケメンだったのです。

優しい顔立ちを隠すためにマスクを被ったわけですが、それが現在でも語り継がれるほどの名プロレスラーになろうとは、彼さえも予想していなかったかもしれません。

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪