【死因】ウォーリー山口が脳梗塞で危篤⇒死去!嫁や息子の画像は?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回はウォーリー山口さんを取り上げます。

本名:山口雄介

レフェリーやマネジャーとしてプロレス業界に携わってきた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2019年3月10日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

プロレスラーのTAKAみちのく、
FUNAKIらとWWF(現WWE)でユニット「海援隊」のマネジャーとして活躍したヤマグチ・サンことウォーリー山口さんが10日、死去した。

60歳だった。

17年末に脳梗塞を発症し、
入院を続けていたという。

同日、
TAKAみちのくが自身のツイッターで山口さんの死去を報告し

「デビュー前からいろいろお世話になっていたウォーリー山口さんが旅立った。

日本では各団体でレフェリーとして活躍。

英語が堪能でアメリカではマネジャーヤマグチサーンとしても助けてもらいました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます」

とつづった。

東京・港区出身の山口さんはプロレス雑誌「ゴング」の編集者を経て、
98~01年までWWFでTAKA、FUNAKI、ディック東郷、MEN’Sテイオーらが在籍した海援隊でマネジャーとしてリングで活躍。

その大きな存在感から山口さんの死去は複数の米メディアでも報じられた。

またレフェリー、マネジャー、コメンテーターとしても日本のプロレス界を支えていた。

上記の通り、生前の山口さんは脳梗塞を患っていたのです。

今回は、60歳の若さで死去されたウォーリー山口さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

ウォーリー山口が危篤⇒死去!死因は脳梗塞?

生前は脳梗塞を患っていた山口さんですが、彼は2017年12月から危篤状態でした。

昨日の昼過ぎに〝ドクトル・ルチャ〝清水勉さんから「ウォーリー危篤」とのメールが入った。

ウォーリー(山口雄介)とは,
もうかれこれ46,7年の付き合いになる。

※「https://ameblo.jp/wing19910807/」より引用
(2017年12月14日投稿)

ただし、現在の時点では直接的な死因については報道されておらず不明のままです。

スポンサーリンク

結婚して嫁・息子あり

山口さんの私生活を調べたところ、奥さんと子供(長男・次男)の存在が確認されました。

■奥さん

ウォーリーのオッサン、
いまだに原稿を手書きしてて、
その都度写植屋に頼んで、
無駄な料金(大金)が発生していた。

 
そんなオッサン。
ある女性へのラブメールを間違って奥さんに送ったという。

「愛しの○○ちゃんへ。
今日は○時に○○の駅前で会いましょう」

多分こんなんだったんじゃないかな?
 
で、
このメールを受けた奥さんが代わりにやってきて
目を白黒というか、思いっきり揉めたらしい。

※「ジミー鈴木スレ まとめwiki 周囲の人々」より引用

■息子(長男・次男)

10 :お前名無しだろ:
2009/11/27(金) 07:41:00

双子の息子はプロレスやらんのか?

11 :お前名無しだろ:
2009/11/27(金) 07:48:45

練習生だよ

※5ch(2ch)より引用

上記の通り、息子さんは”双子”のようです。

5chの書き込みでは息子さんもプロレス業界で活動しているとされていますが、そうした事実は確認できませんでした。

また、奥さんについても素性(名前・年齢・顔写真)は公表されていないため、山口さんは自身の私生活を公表しない方針だったのかもしれません。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪