【死因】神戸勝彦が亡くなる!嫁や子供の名前+画像↓料理の鉄人が死去

あの人の訃報や死因

こんにちは。IVEです!

今回は神戸勝彦氏を取り上げます。

「リストランテ MASSA」のオーナーシェフを務めている彼は、かつて「料理の鉄人」に出演し、”イタリアンの鉄人”と評されました。

料理界に多大な影響を与えた神戸氏ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2019年3月19日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

90年代にフジテレビ系で放送された「料理の鉄人」で“イタリアンの鉄人”として知られた料理人の神戸勝彦さんが亡くなったことがわかった。

親交があったパティシエの鎧塚俊彦氏が追悼した。

鎧塚氏は16日更新のフェイスブックで、

「第一報を受けた時から嘘であって欲しいと念じ続け
きっとそこにいらっしゃるはずと直ぐにお店を訪ねましたが
やはりそこにはもういらっしゃいませんでした」

と書き出し、
神戸さんとの思い出をつづった。

続けて

「今でも恵比寿店の裏口を開ければ
満面の笑みで両手に鍋を持って立っていらっしゃる気がしてなりません。

『MASSA』神戸勝彦シェフ 

あなたほど優しく愛情に溢れ腕もたつ料理人はいませんでした 

恵比寿では先輩でしたが
年齢は私より四つも下ではないですか

早すぎます」

と惜しみ、

「働きづめでしたから
少しゆっくりして下さいませ、
そして少し休んだら女房に大好物のポルチーニのパスタでもまた作ってやって頂けますでしょうか? 

神戸シェフ、
本当にありがとうございました」

と悼んだ。

神戸さんと親交があった東京・六本木の人気フレンチ「ル・ブルギニオン」のオーナーシェフ菊地美升氏は、
自身のフェイスブックで

「悲しいお知らせです。

木曜日の朝、
リストランテ・マッサの神戸勝彦シェフ(マサ君)がお亡くなりになりました。

朝、スタッフが来る前に1人で仕込みをしていて何かを取ろうとして
高い所から落ちたようです。

スタッフが来て病院に運ばれましたが、
意識が戻らなかったそうです」

と伝えた。

14日に逝去したという。
49歳だった。

上記の通り、神戸氏は49歳という若さで死去されていました。

今回は、死去された”イタリアンの鉄人”こと神戸勝彦氏について調べてみました!

スポンサーリンク

料理の鉄人:神戸勝彦が亡くなる!死去の死因は?

49歳で亡くなった神戸氏ですが、死因は一体何だったのでしょうか?

亡くなった時の”状況”は既に伝えられているものの、具体的な”死因”については言及されていません。

そこで、神戸氏の死因についてメディアやSNSを調べてみましたが、死因に関する情報は何一つ寄せられていませんでした。

恐らく、詳しい死因は関係者しか把握していないと思われます。

スポンサーリンク

嫁や子供の名前+画像は?

Wikipediaによると、神戸氏には家族(嫁・子供)がいるようです。

ただ、家族は一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢・顔写真)は一切公表されていませんでした。

しかし、今回の訃報により、奥さんの名前が「かをり」さんであることが明らかになったのです。

※Facebookより引用

また、奥さんの職業は”彫金作家”のようです。

また、
シュガースプーンや、マッサの「M」をかたどったナイフ・フォークスタンドは、
彫金作家かをり夫人の作品。

店の雰囲気や、
調度品の一つ一つから、
二人の店に注ぐ思いが伝わってくるようです。

※「文化出版局 ミマン」より引用
(2000年7月号掲載)

※YouTubeより引用

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪