【逮捕】ゲーム動画配信業(名古屋市)の男は誰?名前や顔画像は?

こんにちは。IVEです!

2019年3月30日、”ある人物”が逮捕されたこと世間の注目を集めています。

このことについて「東海テレビ」は次のように報じています。

14歳の少女に○○○な行為をしたとして
名古屋市中川区の自称・動画配信業の35歳の男が逮捕されました。

警察によりますと、
2人は3月27日にアプリで知り合ってSNS上で連絡をとり、
29日に男が少女を誘って犯行に及んだということです。

その日のうちに少女の母親が警察に相談したことで事件が発覚し、
30日、男は自宅前の路上で逮捕されました。

警察の調べに対し、
男は容疑を認めています。

上記の通り、逮捕されたのは”ゲーム動画配信業”の男(35歳)でした。

つまり、この男は”ゲーム実況者”ということになります。

一体、彼はどんな人物なのでしょうか?

今回は、逮捕された名古屋市 中川区のゲーム実況者(35歳)について調べてみました!

ゲーム動画配信業の男が逮捕!名古屋市のゲーム実況者は誰?名前や顔画像は?

「愛知県 青少年保護育成条例違反」の容疑で逮捕されたゲーム実況者の男ですが、この人物は誰なのでしょうか?

そこで、この男について調べてみたものの、現在のところ、今回の一件を報じているのは東海テレビのみであることが分かったのです。

そのため、名前や顔写真は不明です。

ただ、この人物が全国的に有名なゲーム実況者であれば、既に全国紙が実名で報じていることでしょう。

今回の報道では容疑者の名前が明かされていない上、職業までもが”自称”となっていることから、恐らくは無名な実況者だと思われます。

未成年との交際はどこからがアウト?

未成年と交際をする場合、一歩間違えれば、今回のように逮捕される危険性もあります。

では、未成年との交際は、どのラインからNGなのでしょうか?

そこで、この問題について調べたところ、原則として未成年との交際は法的に問題ないことが分かったのです。

■法的には相手が18歳未満でも原則的に問題なし

一般的に、
18歳未満と交際をしたり、
関係を持ったりすると、
それだけで犯罪だという人を見かけますが、それは誤りです。

しかも、
18歳未満ですらなく、
未成年が相手なら問題だと思っている人もいますが、
これはさらに大きく間違っています。

法的には、
相手が13歳未満の場合には、
本人含め、誰の同意があろうといかなる場合も許されませんが、
そうでなければ、原則的に問題ありません。

そもそも国民の行為は原則的に尊重されて自由が認められており、
何らかの目的(公共の福祉)のために
どうしても規制しなければならない行為のみ禁止されています。

○行為(類似行為を含みます。以下同じ)については、
性的自己決定権という人間の尊厳を基礎づける極めて重要で根本的な権利が問題となるわけですから、
当然、その権利を国家が制約するのは最小限度でなければなりません。

※福永活也 弁護士の記事より引用
(2017年1月21日掲載)

上記の通り、法的に問題となるのは相手が”13歳未満”の場合に限られるのです。

この解釈に従えば、今回のように相手が14歳でも交際自体は問題ないということになります。

しかし、今回の事例では3月27日に出会ってから、わずか2日後に関係を持っています。

この事実に着目すれば、誰の目から見ても、当事者の2人が”交際”していたとは思えないでしょう。

もし、2人が真剣に”交際”していたとすれば、ゲーム実況者の男も逮捕されることはなかったと思われます。