【元ワンギャルの名前】長谷川滋利の不倫相手は誰?虚言癖とは

不倫や二股などの異性スキャンダル

こんにちは。IVEです!

今回は長谷川 滋利(しげとし)さんを取り上げます。

かつてはプロ野球選手として活躍した彼ですが、ここに来て過去の不倫疑惑が報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年4月10日に配信された「文春オンライン」は次のように報じています。

元メジャーリーガー投手・長谷川滋利氏(50)が元タレントのA子さん(40代前半)と不倫交際の末、
トラブルになっていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

一方のA子さんは、
かつてTBSの人気深夜番組『ワンダフル』にアシスタント役の“ワンギャル”として出演するなど、
バラエティタレントとして活躍。

2007年秋に長谷川氏から告白され、
一度は断るも、

「うち(夫婦)は終わっている。

真面目に付き合いを考えてほしい」

と言われ、交際が始まった。

長谷川氏は

「僕がA子のことをサポートする」

と、
A子さんのために芸能事務所を立ち上げるなど、
仕事にも関与するようになった。

2008年1月に長谷川氏はカルティエのラブリングとラブブレスをA子さんに贈り、

「3年後には一緒になろうね」

と約束。

しかし2週間ほど経った後、
電話一本でA子さんに別れを告げたという。

不倫交際が終わると事務所は機能しなくなり、
A子さんは芸能界引退に追い込まれた。

「長谷川さんの奥さんから、
電話で別れるよう求められたこともありました。

男女のことだけだったら仕方がないと諦めがつきます。

でも、交際が終わって、
私の芸能界の仕事もダメになってしまった。

彼の無責任さに傷つけられた痛みは今も残っています」
(A子さん)

小誌が事実確認のため、
長谷川氏の携帯電話に連絡すると、
A子さんの名前を出した途端に電話は切れ、
その後は何度電話しても通じなくなった。

上記の通り、不倫相手は”元ワンギャル”の女性(40代前半)でした。

一体、この女性は誰なのでしょうか?

今回は、元ワンギャルとの不倫疑惑が報じられた長谷川 滋利さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

長谷川滋利の不倫相手は誰?引退した元ワンギャルの名前は?

元ワンギャルの女性との不倫疑惑が浮上した長谷川さんですが、現在のところ、浮気相手の名前は特定されていません。

というのも、ワンギャルとして活動していたメンバーは、以下の通り、相当数存在しているのです。

ただ、不倫相手とされる人物は2008年頃に芸能界を引退しており、現在は一般人として生活しています。

また、年齢については”40代前半”と報じられているため、これらの情報を元にメンバーを絞り込むと「宗政美貴」さんの名前が浮上していました。

■宗政美貴

2019年4月現在、彼女の年齢は41歳であるため、文春の報道(40代前半)とも合致します。

しかし、現在までに宗政さんが不倫やスキャンダルをスクープされた事実はないため、彼女が浮気相手と断定する根拠はありません。

スポンサーリンク

長谷川滋利の虚言癖とは?

ネット上で「長谷川滋利」と検索すると「虚言癖」という話題が表示されます。

そこで、この虚言癖について調べたところ、以下の報道が確認されたのです。

長谷川SAは最近の話として、
日本ハムから監督就任のオファーがあり、
リーグ優勝したために消滅したという話を講演会で披露したと、
一部で報道された。

この内容について、
沖縄・国頭での秋季キャンプを視察中の日本ハムの吉村浩GM(52)、
木田優夫GM補佐(48)ら球団幹部は

「全くの事実無根。

講演の詳細は分からないが、
本当にそんな話を面白おかしく話したなら、
栗山監督に対して失礼な話」

と激怒。

今季10年ぶり日本一を果たした栗山英樹監督(55)の来季6年目の続投は今季途中から既定路線であり、
2日のオーナー報告で発表した矢先だった。

長谷川氏に白羽の矢を立てたとの事実は、過去にもないという。

※「日刊スポーツ」より引用
(2016年11月6日配信)

上記の通り、長谷川さんは「日本ハムから正式に監督就任のオファーを受けた」と語っていたものの、そのような事実は一切存在していなかったのです。

これが”虚言癖”と言われる理由だったというわけです。

ちなみに、ファンの間では彼の虚言癖は知られており、上記以外にも次のようなエピソードが挙げられていました。

28 名前: にっかんななし
投稿日:2016年11月06日 19:18

長谷川の虚言癖なんて有名やろ

マリナーズ時代のイチローとのありもしないエピソード話して本人に否定されたり
マイナーからしかオファー無いのに、
メジャーからオファーきてるけど蹴って引退するとか言うたり
そもそも引退時に

「野球とは別の世界で生きていくので、野球には戻らない」

とか言うてたくせに、
事業がうまくいかないと
あっさりプロ野球に擦り寄ったりただの○やでこいつ

※5ch(2ch)より引用

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪