【死去】小池一夫は結婚してる?家人=嫁の画像↓田中圭一との確執

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は小池一夫さんを取り上げます。

「子連れ狼」の原作者として知られる彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

小池さんの死去について2019年4月19日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

漫画原作者の小池一夫さんが、肺炎のため死去したことがわかった。

82歳。

秋田県大仙市出身。

「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました。

生前は多くの方々に小池一夫と小池一夫作品を愛していただき、
心より感謝申し上げます。

なお故人の遺志により
葬儀は親族のみで執り行いました。

皆様には大変お世話になり、
ありがとうございました」

としている。

17日にはモンキー・パンチさんの死去を受け、
ツイッターで

「モンキーパンチさんとは40年前、
漫画アクションの初期に『ルパン三世』と『子連れ狼』で人気争いをしたライバルでもあった。

一緒に組んで『書記官鳥(セクレタリーバード)』という漫画も作ったなあ。

淋しくなるなあ」

と追悼していた。

上記の通り、死因は「肺炎」でした。

生前は数多くの漫画家を指導しており、その中には高橋 留美子さんも存在していました。

今回は、肺炎により死去された小池一夫さんについて調べてみました!

小池一夫は結婚してる?家人=嫁の画像あり

81歳で死去された小池さんですが、私生活では結婚されているのでしょうか?

本人のWikipediaには結婚や家族(嫁・子供)に関する記述はありません。

しかし、本人のTwitterには「家人」と呼ばれる女性が頻繁に登場していたのです。

結婚については明言していないものの、恐らくは、この女性が”奥さん”だと思われます。

ただ、婚姻届けを提出した事実は確認されていないことから、”内縁の妻”という存在なのでしょう。

家人は一般人であるため、詳しい素性(名前・年齢)は公表されていませんが、過去の投稿で顔写真が判明しました。

普段は素顔が伏せられている家人ですが、一般人とは思えないほどの美貌です。

元弟子:田中圭一との確執

数多くの弟子を指導した経験を持つ小池さんですが、その中の1人に田中圭一さんが存在しています。

2人は師弟関係であるものの、”ある出来事”をきっかけに不仲になったと言われています。

それが、小池さんによる”寸借詐欺”疑惑でした。

「デイリー新潮」の報道によると、彼は内弟子から保証金の名目で金を集めており、それを返還していなかったのです。

「数人いた内弟子は、
週に2回ほど通って作品を作っていったのですが、
その間、
小池さんはめいめいに『保証金』を要求しました。

いわく

“途中で投げ出さないため”

また

“部屋を汚されるおそれもあるから”

とかで、
お金はデビュー時に返金するとのことだった。

金額は100万や500万などまちまちでしたが、

『いつでも返金する』

との覚書を書いてもらった人もいます」

数カ月の指導を経て出版社に持ち込んで“卒業”となるのだが、
約束は履行されなかった。

「保証金の返還を求められた小池さんは

『作品が掲載されてからだ』

『次は君の番だ』

などと説明するのですが、戻ってこない。

いくら催促しても

『もちろん返す』

と繰り返すばかりで、
挙げ句、電話を着信拒否にされてしまった人もいるのです」

(2017年1月12日号掲載)

この疑惑を受けて、田中さんは関係者に聞き取りを行い、その結果、以下のツイートを掲載。

上記の通り、田中さんは小池さんの行いを厳しく糾弾しています。

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪