【死因】imoutoidの本名は吉岡倭!出身地+プロフィール↓

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回はimoutoid(イモウトイド)さんを取り上げます。

稀代のトラックメーカーとして様々な楽曲を手掛けた彼ですが、18歳という若さで死去されています。

”天才”と称された彼の話題が「音楽ナタリー」に掲載され、再び世間の注目を集めています。

このことについて同紙は次のように報じています。

京都に住んでいた頃、imoutoidとは何度か会った。

一緒にイベントもやった。

名前は「セプテンバー9月」。

出演は私、imoutoid、tofubeats、tomad。

しかし
なんてナンセンスなイベント名だろう、
これも彼が発したひと言が命名のきっかけだった。

こうして記憶をたどると際限がない。

最初に会った日は、
私が進学のために山形からはるばる京都に引っ越してきたばかりで
街自体の空気に少し浮足立っていたうえ、

“あの”imoutoidと会える、

というとなんだか現実感がすごく薄かったのを覚えている。

ネットレーベル・Maltine RecordsからのEPにはもうすでに夢中だったからだ。

しかも年下だというし。

ちなみにその日はtofubeatsとも初めて対面したはず。

2008年の温かい時期のことだったか。

まだSNSと言ったらギリmixi。

Twitterもやっていたけれど
今ほどには普及していなかった。

まだApple MusicもSpotifyもなかった。

Spotifyのサービス開始は2008年10月だから、
実際には徐々に時代は変わりつつあったのだが、
日本ではそんな話すら聞こえてこなかった。

音楽で言えば
いわゆるビッグルーム系のEDMもアトランタ流のトラップもなかった。

ましてフューチャーベースなんて。

フレンチエレクトロだ、
ダブステップだ、とか言っていた頃。

ギリ“ニューレイブ”というのも通じたかもしれない。

そういうタイミングに彼はさっと現れて、突然に去っていった。

……とはいえこうした思い出話で文字数を浪費するには
あまりにも彼の遺したものは大きい。

いまだにカルト的な人気を誇り、
気付くと思い出したかのように誰かが話題にしている。

商業的なリリースというものを
ほぼ残すことがなかった若きプロデューサーとしては異例のことではないか。

こうして人々の記憶に残るだけではなく、
彼の親族がブログや音源のアーカイブを少しずつネット上に築いてくださったおかげで、
その活動の足跡はある程度今でもたどり直すことができる。

僥倖と言うほかない。

今回は、現在でもファンの心に生き続けるimoutoidさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

imoutoidの死因は○○

18歳で死去されたimoutoidさんですが、その死因は「急性心不全」だったようです。

かつてimoutoidという若きサウンドクリエイターがいた。

当時メジャーレーベルなどからも多数の音源制作やライブ出演を依頼されていたとのことだが、
将来に大きな期待が寄せられている中で、
彼は2009年4月に心不全により天国へと旅立った。

まだ18歳だった。

※冒頭の「音楽ナタリー」より引用

※YouTubeより引用

スポンサーリンク

本名は↓出身地+プロフィールが判明

本人のWikipediaによると、彼は「yamato yoshioka」(やまと よしおか)という名義でも活動していたようです。

恐らく、「よしおか やまと」が彼の本名なのでしょう。

そこで、この情報を元に本名を調査したところ、5ch(2ch)より以下のプロフィールが確認されたのです。

吉岡 倭

1991年1月15日

滋賀県生まれ。

「音楽好きの父と、
ピアノ講師の母の間に生まれた変わり者の中学生です」

本人談 (注: 2005年。現在は卒業)。

*** STORY ***

弱冠14歳で既に音楽業界内で大きな話題となっていた早熟な天才アーティスト。

物心ついた頃よりはな唄でオリジナル曲を作っており、
それを音楽好きの父親が録音していたという。

そんな訳でかなり小さい頃より作曲を始める。

しかし
基本的には所謂「音楽マニア」ではなく、
音楽も特に同年代の他の子達よりも聴いていたという訳ではなかったという。

しかし
中学校に進学したあたりより
折しも巷を席巻していたクラブミュージックに出会い、
コンピュータでトラックを創り始める。

現在も精力的に曲作りを行っているが
作風が著しい変化を遂げており
今後が楽しみなサウンド・クリエイター。

影響を受けたアーティストはTim Deluxe他。

上記の通り、本名は「吉岡 倭」という漢字表記のようです。

また、出身地についても「滋賀県」であることが明らかになりました。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪