【死去】黒姫山の孫も相撲力士↓田中虎之介のプロフィール

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は元・相撲力士の黒姫山を取り上げます。

現役時代は関脇だった彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

黒姫山の死去について2019年4月26日に配信された「スポニチアネックス」は次のように報じています。

元関脇・黒姫山の田中秀男氏が25日午後10時30分、
肺炎のため亡くなったことがわかった。

新潟県糸魚川市出身、70歳だった。

長男の元羽黒洋こと、
田中大介氏(44)が自身のツイッターで

「父、黒姫山こと、田中秀男が昨夜肺炎で亡くなりました。

昨年(2018年)3月に脳梗塞で倒れ、
1度は回復の兆しを見せてリハビリに励んでおりましただけに残念です。

生前は大変お世話になり
ありがとうございました。

葬儀につきまして画像にてご確認ください。

取り急ぎご報告いたします」

と報告した。

喪主は妻の久美子さん。

上記の通り、死因は「肺炎」でした。

今回は、70歳で死去された元力士・黒姫山について調べてみました!

相撲力士:黒姫山が死去!孫:田中虎之介のプロフィール

黒姫山の息子さんは”羽黒洋”の四股名で力士として活躍していましたが、実は、その息子も力士なのです。

黒姫山の”孫”に当たる力士の名前は「田中 虎之介」さんと言います。

彼のプロフィールがこちらです。

最高位:三段目 64

本名:田中 虎之介

生年月日:平成14年1月24日(17歳)

出身地:
東京都墨田区 → 新潟県糸魚川市

身長/体重
183センチ/120キロ

所属部屋:境川

改名歴:
田中山 虎之介

息子:羽黒洋は過去に逮捕されていた

長男の大介さんですが、実は、2004年に逮捕されていたのです。

逮捕容疑は「商標法違反」でした。

各報道機関によると、彼は販売目的で高級ブランドのコピー品を所持していました。

当時の彼は29歳で既に相撲を引退しており、生活に困窮していたことが犯行の動機だったようです。

このことについて「時事通信」は次のように報じています。

警視庁生活経済課と池袋署などは2日までに、
インターネットを通じ、
ルイ・ヴィトンなどの高級ブランドのコピー品を販売していたとして、
商標法違反の疑いで、
東京都墨田区石原、
無職田中裕一(36)、
同区両国、元力士田中大介(29)の両容疑者を逮捕した。

大介容疑者は大相撲武隈親方(元関脇黒姫山)の長男で、
2002年5月に引退した元幕下の羽黒洋。

パソコンが得意だったため
友人の裕一容疑者に誘われたという。

調べに対し、
容疑を認めた上で

「相撲をやめて収入がなく、
多い時に月60万円の分け前をもらい、
やめられなかった」

と供述しているという。

(2004年2月2日配信)