【美容師が逮捕】人気美容室の男性経営者(35歳)は誰?名前は?

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

2019年4月27日、”人気美容師”の男(35歳)が逮捕された一報が舞い込んできました。

このことについて「産経新聞」は次のように報じています。

美容予約サイトの運営会社の社員に跳び蹴りするなどの○行を加え、
けがを負わせたとして、
警視庁原宿署が傷害容疑で、
東京都 渋谷区 神宮前の美容室を経営する男性経営者(35)=渋谷区=を逮捕したことが26日、
捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、
容疑を認めており、
同署は経営者を釈放して任意で捜査を続ける。

同店は人気店とされ、
経営者は美容師としてテレビにも出演していた。

捜査関係者によると、
美容予約サイト「ホットペッパービューティー」に書き込まれた店に対する悪い評価を、
経営者が不適切な操作で取り消していたとして、
サイト運営会社の30代の男性社員がサイト掲載契約の解除を通告するために来店。

経営者は契約解除の通告書を破るなど激高し、
犯行に及んだという。

逮捕容疑は23日午後10時ごろ、
同店が入る建物内で、
男性社員に対して、
胸ぐらをつかんで引き倒したり、
跳び蹴りをしたりして、
2週間のけがを負わせたとしている。

上記の通り、経営者かつ美容師の男(35歳)は傷害の容疑で逮捕されていました。

一体、この美容師は誰なのでしょうか?

今回は、逮捕された人気美容師の男(35歳)について調べてみました!

美容師が逮捕!人気美容室の男性経営者は誰?名前は?

今回の事件で逮捕された男性経営者とは誰なのでしょうか?

報道によると、この人物が経営する美容室は渋谷区 神宮前に存在しているようです。

激戦区に出店していることから、美容師としての技量は確かだったのでしょう。

ただ、現在のところ、この一件を報じているのは産経新聞のみであり、逮捕された美容師の詳細(名前・顔写真)は公表されていませんでした。

恐らく、既に釈放が決定していることや、任意での捜査(在宅事件)に切り替えることから名前が報じられないものと思われます。

ちなみに、飯塚幸三の場合は事○を起こしたにも拘らず、「さん」や「元院長」などの”敬称”や”肩書”で報道されています。

警察関係者は現行犯逮捕しなかった理由について、「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」と説明していますが、彼が元・高級官僚だったことが要因と見られています。

結局のところ、実名が公表されるのもマスコミ関係者の事情次第なのかもしれません。

過去にも転売容疑で美容師が事件沙汰になっていた

今回の事件では容疑者の実名が報じられていませんが、過去にも同様の事例が存在していました。

同様の事件が起きたのは2019年2月のこと。

「朝日新聞DIGITAL」が報じたところによると、書類送検された美容室の店長らは、美容室専門の商品を不正に転売していたのです。

製造番号を削り取った美容室専売メーカーのシャンプーなどをインターネットオークションで転売したとして、
警視庁は6日、
東京都渋谷区道玄坂2丁目の美容室「Riku」の男性店長(45)ら美容師3人を
医薬品医療機器法違反(不正表示化粧品の販売)の疑いで書類送検し、発表した。

店長らは容疑を認め、

「物販に興味があり売りたいと思った」

と供述しているという。

(2019年2月6日配信)

この事件では美容室の名前こそ報じられたものの、犯行に及んだ人物の名前は伏せられていました。

実名が伏せられた理由としては、「逮捕」ではなく「書類送検」だったことが大きく関係しているのでしょう。