【生活苦】甲斐智枝美の旦那は長谷部徹↓息子の現在は?画像あり

気になるアノ人の家族

こんにちは。IVEです!

今回は甲斐 智枝美さんを取り上げます。

アイドル歌手や女優、タレントとしてマルチに活動していた彼女ですが、2006年に死去されました。

死の真相については未だ解決を見ていないものの、甲斐さんの話題が「デイリー新潮」に取り上げられ、再び世間の注目を集めています。

このことについて2019年4月28日に配信された同誌は次のように報じています。

亡くなったのは、
アイドル時代“チェミィ”のニックネームで親しまれた甲斐智枝美(本名・長谷部智枝美)。

享年43。

甲斐は2児の母になっていた。

当初、
新聞各紙が“心不全”と報じたのは、
遺族が事実を伏せたからだろうことは想像に難くない。

甲斐は、
長男を出産した後に不整脈が出るようになり、
自○の数年前にも心不全で2週間の入院を余儀なくされていた。

病死と報じられても何ら不自然ではなかったのである。

だが、
元アイドルが自ら命を○ったとなれば話は違ってくる。
 
自○の原因についてはさまざまな憶測が流れたが、
葬儀の席で、
夫の長谷部徹さんは記者団にこう話している。

「疲れていたのかもしれませんが、
前兆というものはなかったと思います」
(「女性自身」平成18年8月1日号)

不意に愛妻を失った動揺からなのか、
それとも自○の事実を押し隠そうとする苦悩からか、
長谷部さんは言葉少なに会見を終わらせたという。

今回は、43歳の若さで死去された甲斐 智枝美さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

甲斐智枝美は生活苦だった

甲斐さんが亡くなった経緯については不明ですが、実は、生活苦に陥っていたことが分かっています。

冒頭のデイリー新潮によると、亡くなる1ヵ月前の彼女は2つのアルバイトを掛け持ちしていたのです。

甲斐は、近所の生花店にパートの勤めに出ていた。

また、
所属していたホリプロの先輩・榊原郁恵には

「芸能界に復帰したい」

と電話で相談してもいた。

経済的に苦しくなっていたのではないかとする見方がもっぱらだが、
それが顕著になるのは
死の1カ月前からスナックで週3日のアルバイトと生花店でのパートをかけ持ちしたことからも窺える。

夫の実家の自動車整備工場は、
決して芳しいとは言えない経営状態だったようだ。

甲斐がスナックに勤め出したのとときを同じくして、
長谷部さんの給料は30万円から20万円に引き下げられていた。

夫の減給に激昂した甲斐が、
舅に物を投げつけたとの話も漏れ伝わっている。

上記の通り、晩年の甲斐さんは生活苦に悩んでおり、これが引き金となった可能性が指摘されているのです。

ただ、その生活苦が直接の原因というわけではなく、それによる人間関係の悪化が最大の要因かもしれません。

というのも、夫の長谷部さんが妻名義の預金を「相続する」と言い出したり、”義父”(=甲斐さんの父親)の生命保険を無断で解約していたことが発覚していたのです。

甲斐の死後、実母が“長谷部智枝美”名義で貯めていた預金を長谷部さんが

「相続する」

と言い出したり、
死の翌日には甲斐が実父にかけていた生命保険を連絡もなしに解約するといった振る舞いが見られたというが、
長谷部家の内情が甲斐を自○に向かわせたのは否めそうにない。

スポンサーリンク

旦那+息子の現在は?

甲斐さんの夫はドラマーとして活動しており、かつては「T-SQUARE」のメンバーでした。

T-SQUARE脱退後の現在は、「アン・ミュージック・スクール」で講師を務めています。

気になる2人の息子さん(長男・次男)ですが、一般人であるため、現在の様子は公表されていませんでした。

ただ、長男は1991年に、次男は1994年に誕生しています。

つまり、現在では長男が28歳、次男が25歳前後だと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪