【ten炎上】若一光司が激怒で放送事故↓家族+Facebookは?画像+動画も

世間の声や評価・評判

こんにちは。IVEです!

今回は若一光司さんを取り上げます。

人権問題に精通する人物として作家やコメンテーターとして幅広く活躍する彼ですが、ここに来て番組の企画に激怒したことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年5月10日に配信された「デイリー」は次のように報じています。

読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」で10日、
コメンテーターの作家・若一光司氏が、
お笑いコンビ・藤崎マーケットが男性か女性かわかりづらい人の性別を知るために
免許証を見せてもらうなどして確認したことに対して、

「許しがたい人権感覚の欠如。
よくこんなもん放送できるね」

と怒り心頭に発し、

生放送でスタジオが静まりかえる事態になった。

若一氏が激怒したのは、
藤崎マーケットが街でさまざまなことをリサーチする「迷ってナンボ!」のコーナー。

店の常連が男性なのか女性なのかがわからないという店員の依頼で当該人物に確認するという内容で、
当初は恋人の有無や下の名前を聞いたり、
胸を触ったりしていたが、
最終的には免許証を見せてもらい“解決”した。

このVTRに若一氏が激怒。

「あのね、男性か女性かという聞き方、
許しがたい人権感覚の欠如ですね。

個人のセクシャリティにそういう形で踏み込むべきじゃないです」

とバッサリ。

中谷しのぶアナウンサーや澤口実歩アナ、
小島康裕解説デスク、
ライセンス・藤原一浩、
菊間千乃弁護士がいたが、
誰も一言も発せないままだ。

若一氏は

「こんなもんよく平気で放送できるね。

報道番組として、どういう感覚ですか。
ちゃんと考えろよ」

と語気を強めた。

中谷アナが

「皆さんの悩みを聞きながらということですから…」

とフォローしようとしたが、
それを遮り、

「たとえご本人がテレビに出ることを了解しているとしても、
個人のセクシャリティにそういうアプローチをすること自体が人権感覚、人権意識にもとります」

と、
憤まんやるかたないようだった。

ネットでは

「放送事故になっとる」、

「生放送にブチ切れやばい」、

「急に凍り付いた」

といった声が並ぶ一方、

「取材された当事者がOKなんだから」

と、
VTR放送を擁護する声もあった。

なお、番組ラストでは、
和歌山・白浜のパンダの話題に、
若一氏をはじめ出演者一同が笑顔を見せていた。

若一氏は地元大阪の歴史や、
イスラエル問題、第2次世界大戦の日本軍一等兵を扱った著作で知られる。

上記の通り、若一さんが激怒した理由は「個人のセクシャリティ」でした。

問題のシーンは既にYouTubeにアップされており、ネット上で波紋を広げています。

今回は、報道番組の倫理を問うた若一光司さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

若一光司が激怒!性別不詳の人物とは?画像あり

若一さんが激怒するきっかけとなったのは性別不詳(?)の人物でした。

そこで、この人物の画像を調べたところ、以下の写真および動画が確認されたのです。

確かに、これらを見る限りでは性別不詳であることを”茶化”していると言えます。

今回の番組内容については批判の声が圧倒的に多く、Twitterでは次のような意見が上がっていました。

今日のten.(読売テレビ)の「迷ってナンボ」コーナー終わってる、、

苦情レベルでドン引き。

街で出会った一般人の性別問いただして
保険証まで確認させて周りの人に

「この人はこう見えるけど男です!」

って、、今日日テレビでやる内容かよ

恐怖でしかない。

通りすがりですが激しく同意です。

藤崎にそれを頼んだ店員が個人的には一番腹立たしかったですね、
自分は必死に顔隠してるくせに…

若一さんが言ってなかったらと思うとゾッとします。

ホンマに不快やった。
おもんないし。

っつーか男か女かわかったからってなんやねん。

自分で聞けや。

デリカシーのない女やな。

藤崎マーケットも『おいしい』とか思ってたんかな?

やったらひく。

一般人笑いものにすることほど冷める芸ないで。

こんなん芸でもないけど。

ちなみに5ch(2ch)では、インタビューを受けた”本人”と思われる人物の書き込みが確認されています。

この書き込みが本人だとすれば、彼は今回の一件を不快には思っていないようです。

しかし、これは”彼個人”の感覚であり、全ての人間に当てはめて考えることは危険でしょう。

やはり、こうしたデリケートな問題に関しては、安易に立ち入るべきではないと思われます。

スポンサーリンク

若一光司の家族やFacebookは?

今回の放送事故を受けて、ネット上では若一さんを賞賛する声が相次いでいます。

それに伴い、一部では彼の家族にも関心が集まっているようです。

ただ、本人のWikipediaには家族(嫁・子供・父・母)に関する記述は存在していません。

過去にインタビュー記事にも私生活に関する情報は掲載されていないことから、若一さんは自身のプライベートを公表していないのでしょう。

本人のFacebookも存在していないため、家族を含むプライベートは謎に包まれています。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪