【初代声優は誰】伯方の塩を歌ってる人は塩谷信広!大阪音楽大学の名誉教授

世間の声や評価・評判

こんにちは。IVEです!

「は・か・た・の・し・お」のCMでお馴染みの「伯方塩業」ですが、”2代目オーディション”を開催したことで”初代”の声優にも関心が集まっています。

同社の広報Twitterでも初代の声優を務めた人物は特定できておらず、ネット上では問題の人物が大きな話題となっています。

上記の通り、初代の声優は「スタジオミュージシャン」とのこと。

一体、この人物は誰なのでしょうか?

今回は、「伯方の塩」の初代声優を務めた人物について調べてみました!

スポンサーリンク

伯方の塩の初代声優は誰?歌ってる人は大阪音楽大学の塩谷信広!画像あり

初代声優の正体は社内の人間すら特定されていませんが、Twitterでは該当の人物として”ある人物”の名前が浮上していました。

それが「塩谷信広」さんです。

この塩谷さんとは、大阪音楽大学の名誉教授です。

本人のFacebookも確認されており、2018年3月には以下の投稿が確認されています。

(2018年3月25日投稿)

複数の情報源が同じ人物を”初代声優”として名指ししているため、塩谷さんがオリジナルソングを担当した本人なのでしょう。

スポンサーリンク

高城靖雄はスペシャルバージョンを担当しただけ

当サイトでは初代声優として演歌歌手の高城靖雄さんを取り上げました。

確かに、彼も「伯方の塩」のCM曲を担当していました。

しかし、高城さんの場合は「特別バージョン」を担当しただけであり、オリジナルを謳っているわけではなかったのです。

上記の通り、高城さんが起用された背景には、塩谷さんの喉が不調だったことが関係しているようです。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪