【死因】死去した俳優:加藤幸雄の年齢+画像↓座頭市の役名は?

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は、故・加藤幸雄さんを取り上げます。

俳優として活動していた彼ですが、映画「座頭市」(1989年)の撮影中に死去されてしまいました。

現在では加藤さんの存在を知る人間は限られているものの、故・勝 新太郎さんの息子である鴈 龍太郎さんの話題が「女性自身」に取り上げられたことで再び世間の注目を集めています。

同誌によると、鴈さんは母親の中村玉緒さんから絶縁状を叩きつけられたとのこと。

実は、加藤さんの死去に鴈さんが大きく関わっていたのです。

今回は、「座頭市」撮影中に死去された俳優・加藤幸雄さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

死去した俳優:加藤幸雄の死因は?年齢+顔画像

撮影中に死去された加藤さんですが、当時の彼は34歳でした。

また、「トカナ」に掲載された記事によれば、死因は「急性循環不全」とのこと。

俳優の加藤幸雄さん(34・当時)が、翌年(1990年)1月11日、
急性循環不全のため入院先の岡山大学病院で死去した。

(2018年1月31日配信)

急性循環不全には「顔面蒼白」や「意識不明」などの症状が現れ、適切な処置を施さないと生命に関わる重篤な状態となります。

※「https://www2.medica.co.jp」より引用

加藤さんの訃報はワイドショーでも取り上げられ、芸能界に激震が走る事態となりました。

YouTubeには当時のニュースがアップされているため、以下に引用させて頂きます。

※YouTubeより引用

ただ、加藤さんについて判明したのは年齢および死因のみであり、顔写真などの詳しいプロフィールは確認できませんでした。

スポンサーリンク

座頭市での役名は?

俳優として活動していた加藤さんですが、実は、「殺陣師」でもありました。

彼が撮影に臨んだ「座頭市」では、殺陣師として役者の立ち回りを指示する立場にあったのです。

ただ、ここで気になるのは彼の”役名”です。

一体、加藤さんはどんな役どころで座頭市に出演するはずだったのでしょうか?

そこで、彼の役回りについて調べたところ、「死体役」だったことが分かったのです。

※「現代ビジネス」より引用
(2013年1月25日配信)

死体役での出演であるため、恐らく、役名はないと思われます。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪