【死去】野呂田芳成の現在が判明↓癌のステージは?

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は野呂田 芳成(ほうせい)さんを取り上げます。

かつては「防衛庁長官」などを務めた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

彼の死去について2019年5月24日に配信された「JIJI.COM」は次のように報じています。

農林水産相や防衛庁長官などを歴任した元衆院議員の野呂田 芳成氏が23日午後3時23分、
ぼうこうがんのため東京都内の病院で死去した。

89歳だった。

秋田県出身。

喪主は妻黎子(れいこ)さん。

1977年の参院選秋田選挙区に自民党から出馬し、初当選。

その後、
衆院に転じて連続8期務めた。

小渕内閣で防衛庁長官に就いていた99年、
周辺事態法など日米防衛協力の指針(ガイドライン)関連法成立に尽力し、
北朝鮮工作船による領海侵犯事件で自衛隊発足以来初の海上警備行動を発令した。

郵政民営化をめぐり、
当時の小泉純一郎首相の方針に強く反対して2005年7月の衆院本会議採決で造反。

この後の衆院選では自民党の公認を得られず、
無所属で出馬して当選したが党から除名処分を受け、
無所属で議員活動を続けた。

09年に政界を引退した。 

上記の通り、死因は「膀胱がん」でした。

今回は、癌により死去された野呂田 芳成さんについて調べてみました!

現在は○○の代表を務めていた

2009年に政界を引退した野呂田さんですが、晩年はどんな活動をしていたのでしょうか?

そこで、現在の活動について調べたところ、「住宅・都市等総合研究所」の代表を務めていたことが判明したのです。

※PDF「パーキングプレス」より引用
(2017年8月号掲載)

また、この他にも「東北福祉大学」で”客員教授”を務めていたようです。

2009年に政界を引退するも、野呂田さんは最期までアグレッシブに活動を続けていました。