【性格が悪い?】尾崎由香が池澤春菜を挑発↓声が出ない理由も

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は尾崎由香さんを取り上げます。

声優および歌手として活躍している彼女ですが、ここに来て「研音」に移籍することが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年5月27日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

テレビアニメ『けものフレンズ』シリーズのサーバル役などで知られる声優の尾崎由香(26)が、
6月1日より芸能事務所大手・研音に移籍することを自身のツイッターで発表した。

「この度5月末をもちまして契約満了のため、
響を退所することになりました。

なお、
6月1日より株式会社 研音に所属となります」

と伝えた。

尾崎は『けものフレンズ』シリーズのサーバル役や
テレビアニメ『アニマエール!』鳩谷こはね役などを務める。

昨年(2018年)8月にはシングル「LET’S GO JUMP☆」でソロ歌手としてデビューしている。

上記の通り、移籍の理由は前事務所との契約が満了となったためでした。

今回は、研音への移籍を発表した声優・尾崎由香さんについて調べてみました!

尾崎由香が池澤春菜を挑発!性格が悪いと炎上

アイドル並みのルックスで男性人気の高い尾崎さんですが、”あること”が原因で炎上する事態となりました。

ことの発端は2019年2月12日に放送された「有田哲平の夢なら醒めないで」でした。

実は、この番組に出演した彼女は大先輩である池澤春菜さんに対して”挑発”とも取れる発言をしていたのです。

このことについて「ねとらぼ」は次のように報じています。

番組で目立ったのは、

「アニメは全く見ないのでほとんど分からない」

「今一番憧れているのはイモトアヤコさん」

などと話し、
バラエティー番組への興味も語った尾崎さんの存在感。

これに、アニメ「とっとこハム太郎」の春名ヒロ子役などで知られる声優歴24年の池澤さんが、
自身が歌って踊れるタイプの声優ではないと話し、
議論を発展的な方向へもっていこうとするも、

「そんなことないですよ。
でも、若い人の方が演じやすいっていう」

と流れるようなタックルからのマウントポジションを思わせるトークで場をヒリつかせ、
ゲストの「平成ノブシコブシ」吉村崇さんから

「新旧バチバチじゃない!」

と笑顔の中に緊張感のある言動をツッコまれていました。

(2019年2月14日配信)

上記の通り、尾崎さんは池澤さんを挑発するだけではなく、アニメを軽視する発言をしていたのです。

これがアニメファンの怒りを買う事態を招いたというわけです。

その結果、一部では「性格が悪い」という意見まで噴出。

ただ、挑発された池澤さんは「新旧の対立構造」について”番組の意向”であるとの見方を示していました。

なお、池澤さんはTwitterで、

「多少扇情的な要素はあったかと思う」

と対立構造を持ち込んだ番組の演出意図をくんだ上で、
楽しさと正しさのバランスを取ろうとスタッフは腐心していたと説明。

※同上より引用

声が出ない理由とは?

声優の命でもある”声”ですが、尾崎さんは過去に声が出なくなる事態に見舞われました。

これにより、彼女は出演を予定していた舞台を休演することになったのです。

声優・尾崎由香が、
急性上気道炎による声帯炎症のため、
初日8日午後7時の回を休演する。

※「スポニチアネックス」より引用
(2018年11月6日配信)

上記の通り、声が出なくなった理由は「急性上気道炎」でした。

ただ、ファンの間であ精神的なストレスやプレッシャーなども理由に挙げられていました。

簡単に言えば
精神的なストレスによるもので声が出なくなった。

沢山の仕事をこなして舞台の稽古にあまり行けないとか
様々なプレッシャーが、本人の圧にもなって声がでない。

※「Yahoo!知恵袋」より引用
(2019年1月10日投稿)