【共演NG?】加地倫三と嫁は離婚成立した?平子祐希の読者モデル時代

あの人の本名や経歴などのプロフィール

こんにちは。IVEです!

今回は加地倫三さんを取り上げます。

「アメトーーク!」などを手掛ける敏腕プロデューサーとして知られる彼ですが、”ある芸人”に激怒したことで世間の注目を集めています。

このことについて2019年5月30日に配信された「ORICON NEWS」は次のように報じています。

先週22日の放送では、
アルコ&ピースの平子祐希が初めて『アメトーーク!』に出演した際のスタンスをめぐって、
普段は温厚な加地氏が、
映画『フルメタル・ジャケット』に登場するハートマン軍曹さながらの説教を20分間にわたって行っていたという様子を「加地メタル・ジャケット」と表現していた。

この日の放送で「加地メタル・ジャケット」の真相について話題になると、
加地氏が

「事実じゃないことがある。

初めてじゃなくて4回目くらいかな。

それ以外は全部合っている」

と笑顔で告白。

「猫舌芸人っていう回で、
そういうのを『平子る』っていうんでしょ。

普通の人が聞いてもわからない例えをずっと終始していて…。

それで素材を見直したら、
カニクリームコロッケが熱いっていう話で

『地球のコアだ』

ってずっと言っているのよ。

流されているのに、何回も言っていて」

と振り返った。

加地氏は続けて

「お客さんが引いていくのがわかったから、これはダメだと。

マネージャーも知っているから、
収録の後に

『平子って、こんな感じだったっけ?』

って言って。

それで、エレベーターの前で、
本人に

『なんであんなこと言うんだい。
普通に笑いを取ることはできないのかい』

って言って(笑)。

それで、もう4年くらい経つかな。

そこから、
『アメトーーク!』の会議で平子って名前は会議でもあがってない。
NGに近い」

と告白した。

上記の通り、加地さんに激怒されていたのは「アルコ&ピース」の平子祐希さんでした。

画像:左

今回の一件を受けてネット上では2人の「共演NG」説まで囁かれており、平子さんにとっては”痛い事件”となりそうです。

今回は、平子祐希さんに激怒した加地倫三さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

加地倫三が不倫!嫁とは離婚成立した?

敏腕だけではなく”イケメンプロデューサー”としても名高い加地さんですが、私生活では既に結婚しており、2児の父親でもあります。

しかし、2015年に離婚騒動が発覚。

ことの発端は「女性セブン」が加地さんの不倫をスクープしたことでした。

同誌によると、彼は後輩の女性プロデューサー(当時30代後半)と10年に亘って不倫関係にあったとのこと。

そして、この不倫報道を妻の加奈子さんが認めたことで騒動が拡大したのです。

騒動の発端になった「セブン」の報道によると、
加地氏は同局の30代後半の女性プロデューサーと不倫中で、
有名人も多く訪れる都内のイタリアンレストランで頻繁に密会。

すでに、
その女性との不倫関係は10年ほどに及び、
加地氏は同局で働いていた加成子氏との間に2人の子供がいるが、
加地氏は加成子氏に対して離婚裁判を起こすことにしたそうで、
加成子氏は不倫相手に対して慰謝料請求をしようとするなど
かなり揉めているというのだ。

※「リアルライブ」より引用
(2015年5月1日配信)

上記の通り、加地さんは離婚裁判を起こし、妻は不倫相手に慰謝料の請求を予定していました。

しかし、現在までに2人の離婚が成立したという事実は確認されていません。

一般的な離婚裁判の場合、判決が出るまでの期間は「17.5ヵ月」とされています。

平成29年の司法統計によりますと,
離婚裁判の平均審理期間は12.9ヶ月,
相手方が争って判決に至ったものの平均審理期間は17.5ヶ月となっています。

離婚裁判(離婚訴訟)を提起した場合の「平均的パターン」は,
提起から13ヶ月で第1審が終わる,
判決まで争われると17〜18ヶ月で判決になると考えれば良いでしょう。

※「多治見ききょう法律事務所」より引用

司法統計によると、離婚裁判は判決に至るまで約1年半かかるようです。

もし、加地さんが2015年に離婚裁判を起こしていたとすれば、既に判決は出ているはずです。

現在までに離婚成立の事実が確認できていないということは、裁判にまで発展していない可能性が高いと思われます。

加地さんが再婚したという報道も存在しないため、加奈子さんとは現在においても婚姻関係にあるのかもしれません。

スポンサーリンク

平子祐希は読者モデルだった!当時の画像あり

加地さんに激怒された平子さんですが、ファンの間では”イケメン”と評判で女性人気が高いことでも有名です。

実は、彼は読者モデルの経験があるのです。

当時の写真がこちらです。

さすがは”イケメン芸人”と評されるだけあって、モデル顔負けの佇まいです。

ちなみに、彼には”愛妻家”の一面もあり、非常に家族想いであることも好感度が高い要因でしょう。

妻:真由美さん

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪