【死因:病気?】漫才:横山たかし死去!結婚して嫁+子供あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は漫才師『横山たかし』さんを取り上げます。

画像:左

「ひろし」さんとコンビを組み「横山たかし・ひろし」として活躍していた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

『たかし』さんの死去について2019年6月2日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

金ピカ衣装で「おぼっちゃま」キャラを貫き、
赤いハンカチをかみ「すまんのぉ~」。

ほら吹き漫才の第一人者、
漫才師・横山たかし(本名・山高考)さんが1日午前3時ごろ、
大阪市内の病院で亡くなっていたことが2日、分かった。

70歳だった。

たかしさんは昨年(2018年)1月、
腸腰筋膿瘍(ちょうようきんのうよう)の手術を受け、
療養した後に、
同5月の興行で車いすながら、舞台復帰していた。

復帰後も、
足や腰のリハビリを継続。

親しい関係者によると、
その後、再び腰の痛みなどを訴え、
治療を続けたが、再起はならなかった。

最後の舞台は、
昨年(2018年)12月24日、
大阪・阿倍野でのイベント出演だった。

上記の通り、『たかし』さんは70歳で死去されました。

今回は、”ほら吹き漫才”の第一人者こと『横山たかし』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

漫才師:横山たかし死去!死因は病気?

晩年は様々な病気を患っていた『たかし』さんですが、人生の最期は病院で迎えました。

このことから、彼が何かしらの病気を抱えていたことが予想できます。

しかし、現在のところ、詳しい病名は公表されておらず不明です。

関係者の証言を求めてTwitterやFacebookも調べてみましたが、具体的な病名は挙げられていませんでした。

葬儀も”密葬”で執り行われていることから、今後も具体的な死因は明かされないかもしれません。

死因は多臓器不全だった

「ORICON NEWS」によると、『たかし』さんの死因は「多臓器不全」だったようです。

ベテランお笑いコンビ・横山たかしひろしのたかし(本名:山高孝)さんが、
6月1日午前3時51分に大阪市内の病院にて多臓器不全のため、死去した。

(2019年6月2日配信)

スポンサーリンク

嫁や子供は?

本人のWikipediaによると、『たかし』さんは既に結婚しており、子供(息子)がいるようです。

たかしは一男をもうけて1982年に離婚した前夫人に、
23年後の2005年(平成17年)、
阪神タイガースのリーグ優勝を期に復縁を申し出て再婚。

その模様は公開挙式としてテレビ中継された。

島根県で別居中の夫人は広島東洋カープファンで、
阪神には関心が無いという。

上記の通り、『たかし』さんは一度離婚した女性と再婚していました。

ただ、奥さん及び息子さんの素性は一切公表されていないことから、一般人だと思われます。

ちなみに、彼は「春やすこ」さんと結婚寸前まで交際するも、破談に終わっています。

2人の婚約が破談になった理由は、『たかし』さんが遊び人であることを彼女の両親が快く思っていなかったことが原因でした。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪