【病気】東大:たかまつななはお嬢様!実家や父親は誰?

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回は『たかまつ なな』さんを取り上げます。

”お笑い芸人”にして”YouTuber”や”コンサルタント”としても活躍する彼女ですが、私生活では現役の”東大生”(大学院生)でもあります。

しかし、ここに来て緊急入院していたことが報じられ世間の注目を集めています。

このことについて2019年6月7日に配信された「日刊スポーツ」は次のように報じています。

NHK職員でお笑い芸人のたかまつなな(25)が、
数日前から入院中であることを明かし、
7日に手術を受けると報告した。

たかまつは7日、ブログを更新。

「【入院してます】
ご迷惑おかけしてしまいすみません」

と書き出し、

「たしか数日前だとおもうのですが 
会社の帰り道、
腹痛と吐き気に襲われ 
歩けなくなり救急車で運ばれ 
そこから入院してます」

と報告した。

現在は解熱剤や点滴、
痛み止めなどを投与されているが、
39度の高熱があり、
痛みも収まっていない状況だという。

「盲腸かもしれない 
いや違うかもしれない」

と詳細はわかっていないようだが、

「そして今日手術します。人生初の手術です」

とし、

「いつも応援していただいてる方 
本当にすみません。
1日も早く復帰して仕事頑張ります」

とつづった。

上記の通り、現在の時点では詳しい病名は公表されておらず不明です。

今回は、病気で緊急入院された『たかまつ なな』さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

たかまつななはお嬢様!実家はどこ?

”お嬢様芸人”としてセレブなネタで活動する『たかまつ』さんですが、実は、実家が相当な金持ちなのです。

というのも、彼女は由緒正しき家柄の出身であり、祖先には坂上 田村麻呂がいます。

先祖に坂上田村麻呂、
内藤新宿を開設・整備した代々の高松家が居る。

曽祖父は東京大学名誉教授で応用化学者の高松豊吉。

※Wikipediaより引用

本人曰く、実家の部屋数は10部屋もあったようです。

彼女自身も「フェリス女学院」出身であるため、生粋のお嬢様なのです。

筋金入りのセレブである彼女ですが、現在までに実家の所在や画像は公表されていません。

実は、『たかまつ』さんが実家を公表できないのには”ある理由”があります。

というのも、彼女は芸人になったことが原因で両親から勘当されていたのです。

ご先祖様が東京・新宿を開拓していたり、
曽祖父が応用化学者だったりと、
誇るべき名家の生まれだったたかまつさんですが、
慶應義塾大学と東京大学院の両方に通いながら芸人を始めたところ、
親に「高松家の恥」とまで言われ、
勘当されてしまったのだそう。

※「テレ東プラス」より引用
(2018年1月16日放送)

スポンサーリンク

父親は創価学会の幹部?

実家から勘当されているため、家族の素性も公にされていません。

ただ、ネット上では「父親=創価学会の幹部」説が浮上していました。

父親は創価学会の幹部であり、
曾祖父の高松豊吉は東京大学の名誉教授・東京ガスの2代目社長を務めた人物なのだとか。

※「毒女ニュース」より引用

しかし、これを裏付ける証拠は何一つ存在しておらず、デマやガセと見ていいでしょう。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪