【死去】ウィリーウィリアムスの現在↓熊殺しの動画はやらせ?真相あり

あの人の病気や闘病について

こんにちは。IVEです!

今回はウィリー・ウィリアムスさんを取り上げます。

”熊殺し”の異名を持ち、アントニオ猪木さんと死闘を繰り広げた彼ですが、ここに来て突然の訃報が報じられ世間の注目を集めています。

ウィリアムスさんの死去について2019年6月10日に配信された「デイリー」は次のように報じています。

“熊殺し”と呼ばれた空手家ウィリー・ウィリアムスさんが7日に出身地の米国で死去したことが分かった。

67歳。

死因は心臓病。

関係者が明らかにした。

身長196センチ体重100キロの体格を誇ったウィリアムスさんは
極真会館の米国コネチカット支部で空手を学び、
76年公開の映画「地上最強のカラテPart2」で熊と戦ったことで“熊殺し”と呼ばれるようになった。

79年には極真会館の全世界空手道選手権で3位に入賞。

80年2月には蔵前国技館でプロレスラーのアントニオ猪木と異種格闘技戦で対戦し、
両者ドクターストップの死闘を演じた。

84年に師匠の大山茂氏が設立したUSA大山空手に移った後、空手選手を引退。

だが、
90年代には度々試合に出場し、
91年には「USA大山空手VS正道会館5対5マッチ」で佐竹雅昭に判定負け。

92年には総合格闘技リングスで前田日明と、
97年1月には新日本プロレスで再び猪木と対戦して敗れ、
99年にはプロレス団体FMWのリングにも上がった。

上記の通り、死因は「心臓病」でした。

今回は、心臓病で死去された”熊殺しの格闘家”ことウィリー・ウィリアムスさんについて調べてみました!

スポンサーリンク

ウィリー・ウィリアムスが死去!現在は○○と判明

1999年に現役を引退したウィリアムスさんですが、現在はどんな生活を送っていたのでしょうか?

そこで、彼の現在(晩年)を調べたところ、なんと「木彫り職人」に転身していたのです。

16年前にリングから引退したが、
意外や意外、木彫り職人になっていた。

現在は、
ノースカロライナ州の人里離れた自然の中で暮らしているそうで、

「12年から体調維持のため自転車に乗っています。

また、
昔からアートにも興味があって、
02年から本格的にアートワークを始めました。

具体的には、
杖に取り付ける狼や熊の形をした木彫りの持ち手を作っています。」

「最近はネックレスを作ることもある。

作品はニューヨークやアトランタで売られています。

自転車が自分の自由な世界とすれば、
アートは人々をハッピーにできる世界。

僕は、今、
この二つの世界でバランスのとれた生活を送っています」

※「デイリー新潮」より引用
(2016年3月17日号掲載)

本人によると、彼は木彫り職人を続けながら、空手の指導者として後進の育成にも力を入れているようです。

スポンサーリンク

熊殺しの動画あり↓真相は「やらせ」だった?

ウィリアムスさんが”熊殺し”と呼ばれるようになったきっかけの動画がこちらです。

巨大な熊を相手に怒涛の攻撃を仕掛けている彼ですが、実は、ネット上では「やらせでは?」との声が上がっているのです。

ウイリーウイリアムスが熊を倒したのは
アレはインチキだったのですか?

(2009年10月13日投稿)

昔の話ですいませんが、
極真のウィリーの熊殺しは、
ヤラセじゃないんでしょうか?

※以上、全て「Yahoo!知恵袋」より引用
(2011年7月13日投稿)

しかし、冒頭でも触れた通り、熊との闘いは”映画”のワンシーンに過ぎません。

彼が熊を攻撃していること自体は事実ですが、そのシーンそのものは映画(フィクション)の一部なのです。

つまり、映画という意味においては「やらせ」と言えるでしょう。

実際のところ、問題の熊は”見世物用”に調教(訓練)されており、サーカスから借りていたようです。

牙や爪も抜かれていた、
ショー等に登場するレスリングベアだったらしいです。

だから動画を見たらわかりますが、
熊が、攻撃してるのでなく、
抱きついている感じです。

やらせ等というレベルではありません。

人に慣れたサーカスの熊を借りてきてのことです。

牙も爪も抜いてあります。

また熊はじゃれついているだけです。

※同上より引用

スポンサーリンク

最後までお読み頂きましてありがとうございます(^^♪